ゴードン・マレーに関するニュースまとめ一覧

ゴードン・マレー、ハイブリッドスーパーカー『T.50』に続いて新型EV開発へ 画像
エコカー

ゴードン・マレー、ハイブリッドスーパーカー『T.50』に続いて新型EV開発へ

ゴードン・マレー・グループ(Gordon Murray Group)は5月11日、ゴードン・マレー・オートモーティブやゴードン・マレー・デザインに3億ポンド(約463億円)を投資すると発表した。

ゴードン・マレーのハイブリッドスーパーカー『T.50』、初の走行テスト 画像
エコカー

ゴードン・マレーのハイブリッドスーパーカー『T.50』、初の走行テスト

◆運転席とその後方に2座席を設置する3シートレイアウト ◆車体後部の大型ファンはかつてのF1マシンのアイデア ◆コスワースと共同開発された3.9リットル V12 ◆初テストはゴードン・マレー氏が担当

21世紀のファンカー…ゴードン・マレー『T.50sニキ・ラウダ』[詳細写真] 画像
自動車 ニューモデル

21世紀のファンカー…ゴードン・マレー『T.50sニキ・ラウダ』[詳細写真]

ゴードン・マレー・オートモティブは2月22日、スーパーカー『T.50sニキ・ラウダ』を発表した。「今までにあったどの車でも体験できない、サーキット走行」を提供するために企画され、開発された。

その名は…ゴードン・マレー『T.50sニキ・ラウダ』を発表、サーキット向け25台 画像
自動車 ニューモデル

その名は…ゴードン・マレー『T.50sニキ・ラウダ』を発表、サーキット向け25台

ゴードン・マレー・オートモティブは22日、『T.50sニキ・ラウダ』を発表した。ブランド初の、レーシングトラックでの走行を意識したスーパーカーだ。

ゴードン・マレーのスーパーカー『T.50』にサーキット仕様、2月22日発表 画像
エコカー

ゴードン・マレーのスーパーカー『T.50』にサーキット仕様、2月22日発表

◆車両重量1トンを切る軽量ボディ ◆V12マイルドハイブリッドで最大出力700ps ◆車体後部に直径400mmの「ファン」装着

ゴードン・マレー、ハイブリッドスーパーカー『T.50』の開発を加速…テクノロジーキャンパス設立へ 画像
自動車 ビジネス

ゴードン・マレー、ハイブリッドスーパーカー『T.50』の開発を加速…テクノロジーキャンパス設立へ

ゴードン・マレー・グループ(Gordon Murray Group)は11月9日、英国サリー州ウィンドルシャムに5000万ポンドを投資して、新しいグローバル本社とテクノロジーキャンパスを設立すると発表した。

ゴードン・マレーの700馬力軽量スーパーカー、『T.50』…ダリオ・フランキッティが開発に参画 画像
エコカー

ゴードン・マレーの700馬力軽量スーパーカー、『T.50』…ダリオ・フランキッティが開発に参画

◆伝説のF1マシンの「ファン」技術を採用 ◆986kgの軽量ボディ ◆自然吸気のV12エンジンに48Vマイルドハイブリッド ◆ダリオ・フランキッティ氏がダイナミクス面を中心に開発の重要な役割を担う

ゴードン・マレーの新型スーパーカー『T.50』、予約開始から48時間で完売 画像
自動車 ニューモデル

ゴードン・マレーの新型スーパーカー『T.50』、予約開始から48時間で完売

◆車両重量は1トンを下回る986kg ◆伝説のF1マシンのエアロダイナミクス技術を採用 ◆最大出力700psのV12マイルドハイブリッド

“ファンカー”ふたたび…奇才ゴードン・マレーのブラバムBT46B[詳細画像] 画像
モータースポーツ/エンタメ

“ファンカー”ふたたび…奇才ゴードン・マレーのブラバムBT46B[詳細画像]

8月4日に発表された新型スーパーカーのゴードン・マレー『T.50』(Gordon Murray Automotive T.50)は、車体後部に直径400mmの「ファン」(送風機)を装備する。マレー氏がかつて設計したF1マシン、ブラバムBT46B、通称“ファンカー”のアイデアだ。

ゴードン・マレーの新型スーパーカー『T.50』、980kgに軽量化…2022年に発売 画像
エコカー

ゴードン・マレーの新型スーパーカー『T.50』、980kgに軽量化…2022年に発売

◆車両重量980kgを可能にする軽量化技術 ◆48Vマイルドハイブリッドで最大出力700hp ◆車体後部に直径400mmの「ファン」装着

ゴードン・マレー、自動運転の小型EV発表 2-5年以内の量産目指す 画像
エコカー

ゴードン・マレー、自動運転の小型EV発表 2-5年以内の量産目指す

有名デザイナーのゴードン・マレー氏が率いるゴードンマレーデザイン社は2月11~12日、英国ロンドンで開催された「MOVE 2020」ショーにおいて、自動運転の小型EV『モーティブ』(MOTIV)を初公開した。

ゴードン・マレーの新型スーパーカー『T.50』、直径400mmの「ファン」装着…デザイン発表 画像
自動車 ニューモデル

ゴードン・マレーの新型スーパーカー『T.50』、直径400mmの「ファン」装着…デザイン発表

◆マクラーレF1と同じ3シーター ◆980kgの軽量ボディ ◆6種類のエアロモード ◆電気的ブーストで最大出力700hpに

ゴードン・マレー、新型スーパーカー開発へ…980kgの軽量ボディに650馬力 画像
自動車 ニューモデル

ゴードン・マレー、新型スーパーカー開発へ…980kgの軽量ボディに650馬力

デザイナーのゴードン・マレー氏が率いるゴードン・マレー・デザインは6月5日、ゴードン・マレー・オートモーティブの第1号車となる新型スーパーカー、『T.50』(GORDON MURRAY T.50)の開発計画を発表した。

ゴードン・マレー、小型ミッドシップスポーツ開発へ…850kgの軽量ボディで220hp 画像
自動車 ニューモデル

ゴードン・マレー、小型ミッドシップスポーツ開発へ…850kgの軽量ボディで220hp

デザイナーのゴードン・マレー氏が率いる「ゴードン・マレー・デザイン」は9月11日、小型のミッドシップスポーツカー、『T.43』の開発計画を発表した。

ゴードン・マレー社の最初のスーパーカーは、復活の IGM ブランドから 画像
自動車 ニューモデル

ゴードン・マレー社の最初のスーパーカーは、復活の IGM ブランドから

デザイナーのゴードン・マレー氏が立ち上げた自動車メーカー、「ゴードン・マレー・オートモーティブ」は11月3日、同社の第一号車となるスーパーカーを、「IGM」ブランドから発売すると発表した。

    1 2 > 次
Page 1 of 2