ポルシェ 911ターボ/911ターボカブリオレ 新型、予約受注開始 2443万円より

ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 911ターボ

ポルシェジャパンは、新型『911ターボ』および『911ターボカブリオレ』の予約受注を7月16日より開始する。

新型911ターボは、最高出力580ps(従来型比+40ps)、最大トルク750Nm(同+40Nm)を発生する3.8リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。新型ターボSの最高出力650ps/最大トルク800Nmには及ばないが、旧世代から大幅なパワーアップを遂げている。このパワーユニットに、ターボ専用の8速「PDK」(ポルシェ ドッペルクップルング)と4WDシステム「ポルシェ トラクションマネジメント」を組み合わせ、0~100km/h加速2.7秒(同-0.2秒)で駆け抜け、最高時速は330km/hに達する。

高出力化にあわせ、ブレーキシステムもより強化された。フロントのねずみ鋳鉄製ブレーキディスクは、直径が408mm(同+28mm)、厚さが36mm(同+2mm)に。リアアクスルは、厚さ30mm、直径380mmのブレーキディスクを備える。また、スポーツエグゾーストシステムを911ターボに初めてオプションとして用意する。標準装備のPASMシャシーは、スポーツ性重視から快適性重視まで幅広く対応。一方、より硬く、車高が10mm低くなる電子制御のPASMスポーツサスペンションによりさらなる俊敏性をもたらす。

外観は、フロントホイールでの車幅が45mm拡大されて1840mmになる一方、新しいボンネットの印象的なプレスラインが、スポーティな性格を強調。PDLSプラス付きLEDヘッドライトが路面を照らす。このほか、電子制御の冷却用エアフラップ、大型化されたアクティブフロントスポイラーなどを備える。リアデザインでは、LEDテールライトを備える連続的なライトバーとシルバーのトリムストリップ付きの新しいエンジンフードルーバーグリルが目を引く。

インテリアは、ポルシェ アドバンストコックピットとダイレクトタッチコントロールを装備した911カレラのインテリアに相当。PCMのセンタースクリーンは10.9インチになり、新しい構成によって素早く操作できる。また、14-ウェイ電動スポーツシート、スポーツクロノパッケージ、シフトパドルおよびマルチファンクション/モードスイッチ付きGTスポーツステアリングホイール、BOSEサラウンドサウンドシステムなどを装備する。

このほか、日本仕様の911ターボ/911ターボカブリオレには、サラウンドビュー付パークアシスト、コンフォートアクセス、電動格納ドアミラー、ヒートシーター(フロント)など他マーケットではオプションとなる多くの装備を標準で搭載している。

価格は911ターボが2443万円、911ターボカブリオレが2731万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェ 935 新型、700馬力のクラブスポーツレーサー…パイクスピーク2020に参戦 画像 ポルシェ 935 新型、700馬力のクラブスポーツレーサー…パイクスピーク2020に参戦
  • マセラティの新型スーパーカー『MC20』、630馬力V6ツインターボ搭載が決定 車は9月発表 画像 マセラティの新型スーパーカー『MC20』、630馬力V6ツインターボ搭載が決定 車は9月発表
  • 日産 GT-R 50 by Italdesign、市販モデルを発表…720馬力に強化 画像 日産 GT-R 50 by Italdesign、市販モデルを発表…720馬力に強化
  • 最強SUV『アルピナ XB7』、2498万円で予約受注開始…最高出力621ps 画像 最強SUV『アルピナ XB7』、2498万円で予約受注開始…最高出力621ps

特集

おすすめのニュース