アルファロメオ ジュリア&ステルヴィオ F1参戦記念仕様…ザウバーと共同開発

アルファロメオ クアドリフォリオ F1トリビュート 発表会
  • アルファロメオ クアドリフォリオ F1トリビュート 発表会
  • アルファロメオ ジュリア・クアドリフォリオ F1トリビュート
  • アルファロメオ ジュリア・クアドリフォリオ F1トリビュート
  • アルファロメオ ジュリア・クアドリフォリオ F1トリビュート
  • アルファロメオ ジュリア・クアドリフォリオ F1トリビュート
  • アルファロメオ ジュリア・クアドリフォリオ F1トリビュート
  • アルファロメオ ジュリア・クアドリフォリオ F1トリビュート
  • アルファロメオ ジュリア・クアドリフォリオ F1トリビュート

FCAジャパンは10月11日、アルファロメオのF1参戦を記念した限定車を『ジュリア・クアドリフォリオ』および『ステルヴィオ・クアドリフォリオ』に設定し、11月から販売を開始すると発表した。

F1参戦記念限定車の「F1トリビュート」は、F1でパートナーを組むザウバーエンジニアリングとの共同開発した専用エアロパーツを装備しているほか、専用のエンジンチューニングを施しているのが特徴。

FCAジャパンでアルファロメオプロダクトマネージャーを務める平野智氏は同日、都内で開いた発表会でF1トリビュートについて「イタリアにあるデザイン部門がアルファロメオのF1マシン『C38』と統一感を持たせるデザインを施したのがポイントのひとつ。またザウバーエンジニアリングが空力関連の開発、設計を行っている」と紹介した。

専用設計されたエアロパーツはフロントエアロスプリッター、大型サイドスカート、大型リアスポイラーで、「フロントエアロスプリッターがダウンフォースをより強くする設定になっている」という。このほかV字型カーボングリルを始め、グロスブラックディフューザー、カーボンエクステリアミラーハウジングなどの採用でベース車両との差別化を図っている。

また専用のエンジンチューニングに加えて、「アクラポヴィッチ製エキゾーストシステムの採用により、ベース車に比べて最高出力が10馬力アップの520馬力になっている」とした上で、「カーボンセラミックディスクブレーキの採用で、出力が高まっているだけでなく止める方もしっかりケアしている」と、平野氏は解説した。

一方、インテリアに関しては「カーボンバケットシートを始め、サイドパネル、インスツルメントパネルにもリアルカーボンを採用し、レーシーな雰囲気と実用性を兼ねている」とのことだ。またレッドシートベルトも限定車ならではのアイテムになっている。ちなみに専用のシートやブレーキ、エギゾーストシステムにより、ベース車両に対して27kg以上軽量化が図られているという。

F1トリビュートの価格はジュリアが1459万円、ステルヴィオが1495万円で、それぞれ6台、4台の限定販売となっている。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • アルファロメオ ジュリア&ステルヴィオ、F1参戦記念の限定車発売へ 画像 アルファロメオ ジュリア&ステルヴィオ、F1参戦記念の限定車発売へ
  • 【懐かしのカーカタログ】“新時代”のアルファは今も色褪せない…アルファロメオ 156 1998年5月 画像 【懐かしのカーカタログ】“新時代”のアルファは今も色褪せない…アルファロメオ 156 1998年5月
  • JR東日本のBRTで新たに5駅…2019年内に着工、2020年春開業 画像 JR東日本のBRTで新たに5駅…2019年内に着工、2020年春開業
  • シボレー コルベット 新型のレーサー、「C8.R」…500馬力のV8搭載が決定 画像 シボレー コルベット 新型のレーサー、「C8.R」…500馬力のV8搭載が決定
  • 【F1 日本GP】フリー走行2回目もボッタスがトップ、地元ホンダはフェルスタッペンが3番手 画像 【F1 日本GP】フリー走行2回目もボッタスがトップ、地元ホンダはフェルスタッペンが3番手

特集

おすすめのニュース