トヨタの燃料電池車、ミライ 次期型は「当たり前」…東京モーターショー2019で初公開へ

トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト
  • トヨタ自動車 ミライ コンセプト

トヨタ自動車は10月11日、燃料電池車(FCV)『ミライ』の次期型開発最終段階モデルとなる『ミライ コンセプト』を、MEGA WEBで開催される東京モーターショー2019のFUTURE EXPO「未来のエネルギー」コーナーで初公開すると発表した。

現行ミライに引き続き次期型のチーフエンジニアを務める田中義和は「初代ミライで燃料電池自動車という新しい市場を開拓した。まさに一石を投じた。FCVのさらなる普及、可能性を拡大するためには環境車だから環境に良いのは当たり前、それに加えてエモーショナルな魅力にあふれ、素晴らしい性能を持つ、そんなクルマにチャレンジしていかなければならないと考えている」と強調。

その上で「思わず振り返りたくなる魅力的なスタイリング、そして思わずアクセルを踏み込みたくなる新感覚の走り、そんなクルマが次期ミライ コンセプト」と述べた。

まずスタイリングについて田中チーフエンジニアは「ホイールベースを大幅に拡大し、タイヤを四隅配置する。その上で全長を拡大し、伸びやかなプロポーションを実現する。さらには車高を低く抑え、トレッドを拡大することでワイド&ローのプロポーションを実現する。さらに大径タイヤを履かせることで走りを予感させるダイナミックのスタイリングを実現する。車両寸法諸元は全長4975mm、全高は1470mm、そして全幅1885mmになる」と解説。

ちなみに次期型は現行モデルに対して全長85mm、ホイールベース140mm、トレッド75mm、タイヤ径80mmそれぞれ拡大する一方で、全高は65mm低くしている。

また走りに関しては「プラットフォーム、FCユニットをすべて一新。さらに駆動力制御については新たな制御を開発するとともに加速時の静粛性をさらに上げて、スタイリングに負けないまさに新感覚の走りを実現した」と説明。

さらに「航続距離については安心してアクセルを踏み込んで頂けるよう大幅に拡大し、従来のミライに対して1.3倍を目標に拡大させる。さらに現行4名だった乗車定員については、もちろん5名を実現する」とのことだ。

トヨタは次期型ミライを日本を始め、北米およびヨーロッパで2020年末からの販売開始を予定しているという。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ ミライ 45台が延べ220万km以上をゼロエミッション走行、56万人以上を輸送…独ライドシェア企業 画像 トヨタ ミライ 45台が延べ220万km以上をゼロエミッション走行、56万人以上を輸送…独ライドシェア企業
  • トヨタ ミライ を8台、国際オリンピック委員会に納車 画像 トヨタ ミライ を8台、国際オリンピック委員会に納車
  • トヨタが燃料電池の大型トラック発表、ミライ のシステム搭載…航続480km 画像 トヨタが燃料電池の大型トラック発表、ミライ のシステム搭載…航続480km

特集

おすすめのニュース