燃料電池 FCニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

燃料電池 FCに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
ホンダ FCX 電気自動車 EV、PHEV、PHV ハイブリッドカー HV
豊田自動織機、FCV用エアコンプレッサーで全国発明表彰を受賞 画像
自動車 テクノロジー

豊田自動織機、FCV用エアコンプレッサーで全国発明表彰を受賞

豊田自動織機は6月13日、燃料電池車(FCV)用エアコンプレッサーの発明で、2018年度全国発明表彰にて「特許庁長官賞」を受賞したと発表した。

京都市が地元企業へ MIRAI 無料貸出 タイムズが事業受託 画像
自動車 ビジネス

京都市が地元企業へ MIRAI 無料貸出 タイムズが事業受託

タイムズモビリティネットワークスは、京都市が実施するモニター制度による燃料電池自動車(FCV)貸出事業をタイムズカーレンタルが受託、トヨタ『MIRAI』を同市内法人・団体を対象に6月18日より貸し出しを開始する。

日鉄住金P&E、低コストの水素ステーション建設を受注 画像
エコカー

日鉄住金P&E、低コストの水素ステーション建設を受注

日鉄住金パイプライン&エンジニアリングは、東邦ガスが計画する「(仮称)新セントレア水素ステーション」(愛知県常滑市)の建設工事を受注した。

水素社会実現に向けて手を組んだトヨタとセブン-イレブンの思惑 画像
自動車 ビジネス

水素社会実現に向けて手を組んだトヨタとセブン-イレブンの思惑

トヨタ自動車とセブン-イレブンは6月6日、東京江東区のMEGA WEBで共同記者会見を行い、燃料電池小型トラックや発電機など水素を活用した共同プロジェクトを2019年秋から開始すると発表した。

トヨタ 友山副社長「水素の安定需要促したい」…セブン-イレブンとFCトラックで環境負荷低減 画像
自動車 ビジネス

トヨタ 友山副社長「水素の安定需要促したい」…セブン-イレブンとFCトラックで環境負荷低減

トヨタ自動車の友山茂樹副社長とセブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長らは6月6日、都内で共同記者会見を開き、燃料電池トラック(FCトラック)の導入などでセブン-イレブンの物流および店舗の環境負荷低減を図る実証実験に取り組むと明らかにした。

トヨタ×セブンイレブンで次世代コンビニ店舗の共同プロジェクト 2019年秋より開始 画像
自動車 ビジネス

トヨタ×セブンイレブンで次世代コンビニ店舗の共同プロジェクト 2019年秋より開始

トヨタ自動車とセブン‐イレブンは6月6日、CO2大幅排出削減を目指した次世代型コンビニ店舗の共同プロジェクトを2019年秋より開始すると発表した。

【CESアジア2018】自動運転技術や燃料電池車が受賞、イノベーションアワード発表 画像
自動車 テクノロジー

【CESアジア2018】自動運転技術や燃料電池車が受賞、イノベーションアワード発表

米国のコンシューマー技術協会は5月29日、中国・上海市で6月に開幕するCESアジア2018に先駆けて、「CESアジア・イノベーションアワードプログラム」の受賞企業を発表した。

トヨタ、FCスタックと高圧水素タンク生産設備を拡充 2020年以降のFCV販売拡大に対応 画像
自動車 ビジネス

トヨタ、FCスタックと高圧水素タンク生産設備を拡充 2020年以降のFCV販売拡大に対応

トヨタ自動車は5月24日、2020年頃以降の燃料電池自動車(FCV)の販売拡大に向け、燃料電池スタック(FCスタック)と高圧水素タンク生産設備を拡充すると発表した。

トヨタが未来の水素プラットフォームを提案…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 ニューモデル

トヨタが未来の水素プラットフォームを提案…人とくるまのテクノロジー2018

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。トヨタ自動車のブースの主役は燃料電池車(FCEV)と水素プラットフォームの提案だ。

東京R&D、FC小型トラックなど紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018 画像
自動車 テクノロジー

東京R&D、FC小型トラックなど紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

東京アールアンドデーは、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に、グループ会社のピューズ、東京R&Dコンポジット工業、日本ハイドロシステム工業と共同出展する。

テスラのライバル、ニコラの燃料電池電動トラック…1企業から800台を受注 画像
エコカー

テスラのライバル、ニコラの燃料電池電動トラック…1企業から800台を受注

米国のニコラモーター社(以下、ニコラ)は、世界初の水素燃料電池を搭載する電動トラック800台を、米国のビール製造大手のアンハイザー・ブッシュ社から受注した、と発表した。

岩谷産業、岡山県初の商用水素ステーションを開所 設備のパッケージ化で建設コスト削減 画像
自動車 ビジネス

岩谷産業、岡山県初の商用水素ステーションを開所 設備のパッケージ化で建設コスト削減

岩谷産業は、岡山県内で初となる商用水素ステーション「イワタニ水素ステーション 岡山南」を4月26日、岡山市南区に開所した。

川崎重工など、高圧水素減圧弁を開発 メルセデス新型FCVが採用 画像
自動車 ビジネス

川崎重工など、高圧水素減圧弁を開発 メルセデス新型FCVが採用

川崎重工は4月23日、ダイムラー社向けに「高圧水素減圧弁」を開発し、新型燃料電池車(FCV)のメルセデスベンツ『GLC F-CELL』に採用されたと発表した。

燃料電池バス『SORA』に乗ってみた---車内は? 乗り心地は? 画像
エコカー

燃料電池バス『SORA』に乗ってみた---車内は? 乗り心地は?

燃料電池バス『SORA』に乗ってみた。国内で初めて型式認定を受けた量産型の燃料電池バスとして3月に市販を開始。バス事業者の関心も高く、「FCバスってどんな感じ?」という疑問に答えるべくトヨタ自動車は全国キャラバンを行っている。

トヨタとシェル、大型水素ステーション建設で協力…燃料電池トラック普及へ 画像
自動車 ビジネス

トヨタとシェル、大型水素ステーション建設で協力…燃料電池トラック普及へ

トヨタの北米部門とシェルは4月19日、米国カリフォルニア州ロングビーチ港において、二酸化炭素を排出しない燃料電池トラックの普及を目指し、商用トラック用の大型水素ステーションの建設に向けて協力すると発表した。

ホンダ クラリティ・フューエルセル、2018年型を米国発売…先進運転支援が充実 画像
エコカー

ホンダ クラリティ・フューエルセル、2018年型を米国発売…先進運転支援が充実

ホンダは4月4日、燃料電池車の『クラリティ・フューエルセル』の2018年モデルを米国で発売した。まずはカリフォルニア州を中心に、月々369ドル(約3万9000円)でリース販売される。

EVやPHVを導入する自動車運送事業者を支援 国交省 画像
エコカー

EVやPHVを導入する自動車運送事業者を支援 国交省

国土交通省は、環境に優しい次世代自動車の普及を促進するため「地域交通グリーン化事業」の公募を開始する。

トヨタモビリティ基金、水素社会構築に向けた研究10件に助成決定 画像
自動車 ビジネス

トヨタモビリティ基金、水素社会構築に向けた研究10件に助成決定

トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、「水素社会構築に向けた革新研究助成」において、2017年度の助成対象10件を決定した。

ヤンマーなど、FC船の実船試験を実施 観光船などへの実用化を目指す 画像
船舶

ヤンマーなど、FC船の実船試験を実施 観光船などへの実用化を目指す

ヤンマーは、燃料電池システムを搭載した 水素燃料電池船の実船試験を2月から3月にかけて実施した。

ヒュンダイ、最新先進運転支援搭載の次世代燃料電池車を発売…予約受注は1000台以上 画像
エコカー

ヒュンダイ、最新先進運転支援搭載の次世代燃料電池車を発売…予約受注は1000台以上

ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)は、新型燃料電池車の『ネクソ』(NEXO)の販売を韓国で開始した、と発表した。

トヨタ、量販型FCバス「SORA」発売 2020年までに100台以上普及へ 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ、量販型FCバス「SORA」発売 2020年までに100台以上普及へ

トヨタ自動車は、量販型燃料電池バス(FCバス)『SORA』の型式認証をFCバスとして国内で初取得し、3月7日より販売を開始。2020年までに東京を中心に100台以上の普及を目指す。

ホンダ、会員制レンタカーサービスに クラリティフューエルセル を導入 画像
自動車 ビジネス

ホンダ、会員制レンタカーサービスに クラリティフューエルセル を導入

ホンダは3月26日、気軽にホンダ車を利用できる新スタイルの会員制レンタカーサービス「EveryGo(エブリ・ゴー)」に、燃料電池自動車(FCV)『クラリティ フューエルセル』を導入すると発表した。

水素ステーションが4月下旬に100カ所 計画より3年遅れ 画像
自動車 社会

水素ステーションが4月下旬に100カ所 計画より3年遅れ

経済産業省は23日、今春に新たに8カ所の水素ステーションが開所することとなり、国内の水素ステーションが合計100カ所になると発表した。

「ゼロエミ・バイクと呼んで」 小池都知事、EV/FCバイクと駐車場整備を推進する方向性...東京モーターサイクルショー2018 画像
モーターサイクル

「ゼロエミ・バイクと呼んで」 小池都知事、EV/FCバイクと駐車場整備を推進する方向性...東京モーターサイクルショー2018

「バイクはエコな乗り物として、国会議員時代から推奨してきた」。小池百合子東京都知事が25日、東京モーターサイクルショー2018のステージに立ち、環境や駐車場整備について語った。

JA三井リースなど5社、「日本水素ステーションネットワーク」へ参画 画像
自動車 ビジネス

JA三井リースなど5社、「日本水素ステーションネットワーク」へ参画

JA三井リース、損保ジャパン日本興亜、三井住友ファイナンス&リース、NECキャピタルソリューション、未来創生ファンドの5社は3月20日、水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)へ資本参加すると発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 35