燃料電池 FCニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

燃料電池 FCに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
ホンダ FCX 電気自動車 EV、PHEV、PHV ハイブリッドカー HV
トヨタ、2025年に全車種電動グレード設定…2030年に550万台以上の販売目指す 画像
エコカー

トヨタ、2025年に全車種電動グレード設定…2030年に550万台以上の販売目指す

トヨタ自動車は12月18日、2020年代~2030年までの電動車普及に向けたチャレンジを公表。2030年に電動車の販売550万台以上、電気自動車(EV)・燃料電池自動車(FCV)は100万台以上を目指すと発表した。

10台中の4台が電動車、ドイツ車は初のゼロ---米10ベストエンジン2018 画像
モータースポーツ/エンタメ

10台中の4台が電動車、ドイツ車は初のゼロ---米10ベストエンジン2018

米国の『ワーズオートワールド』誌は12月14日、「10ベストエンジン2018」を発表した。10ベストエンジン史上初めて、10車種中、4車種を電動パワートレインが占めた。

トヨタなど11社、水素ステーション本格整備に向け新会社を来春設立 画像
自動車 ビジネス

トヨタなど11社、水素ステーション本格整備に向け新会社を来春設立

トヨタ自動車など11社は12月12日、水素ステーションの本格整備を目的とした新会社を2018年春に設立することで合意し、契約を締結したと発表した。

FCフォークリフトは40台以上が稼働中…トヨタL&Fがエコプロ2017に展示 画像
自動車 ビジネス

FCフォークリフトは40台以上が稼働中…トヨタL&Fがエコプロ2017に展示

エコプロ2017の会場内にあった、水素活用社会という共同ブース。そこに展示されていたのがトヨタL&Fのフューエルセルフォークリフト。

米グリーンカー賞は ホンダ クラリティ…日産 リーフ 抑える 画像
自動車 ニューモデル

米グリーンカー賞は ホンダ クラリティ…日産 リーフ 抑える

米国の『グリーンカージャーナル』誌は11月30日、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、「2018グリーンカーオブザイヤー」を、ホンダ『クラリティ』に授与すると発表した。

トヨタ、燃料電池発電所建設へ…バイオマスから水素や電気を生成 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ、燃料電池発電所建設へ…バイオマスから水素や電気を生成

トヨタ自動車の北米部門、トヨタモーターノースアメリカは11月30日、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、米国カリフォルニア州ロングビーチ港に「トライジェン」(Tri-Gen)を建設すると発表した。

ブルネイから水素を運ぶ実証実験、2020年度に開始…千代田化工建設 画像
自動車 ビジネス

ブルネイから水素を運ぶ実証実験、2020年度に開始…千代田化工建設

様々な産業界のプラント技術や素材が集まる展示会のINCHEM TOKYO(21~22日、東京ビッグサイト)。これまで色々な分野のプラント建設を手がけてきた千代田化工建設のブースには、燃料電池車の燃料となる水素の供給事業についてパネル展示があった。

ユニット化した水素ステーションの利点…三菱化工機が実証実験を開始 画像
自動車 ビジネス

ユニット化した水素ステーションの利点…三菱化工機が実証実験を開始

INCHEM TOKYOで三菱化工機が展示していたのは、ユニット型の水素ステーション「Hy-Regulus(ハイレグラス)」。工場で組み立て、現地まで運んで設置するだけで稼働できる。

車名は1月に発表…ヒュンダイの次世代燃料電池SUV、航続600kmめざし公道テスト 画像
自動車 ニューモデル

車名は1月に発表…ヒュンダイの次世代燃料電池SUV、航続600kmめざし公道テスト

2017年8月に公開されたヒュンダイの燃料電池車(FCEV)、その市販型プロトタイプが、ドイツ市街地で公道テストを開始した。

トヨタ、2020年に中国へEV導入…車両電動化への取り組みを加速 画像
エコカー

トヨタ、2020年に中国へEV導入…車両電動化への取り組みを加速

トヨタ自動車は11月17日、中国においてトヨタブランドの電気自動車(EV)を2020年に導入するとともに、燃料電池自動車(FCV)のフィージビリティスタディ(実行可能性調査)対象をバスなどの商用車まで拡げることを発表した。

ホンダの燃料電池車クラリティ、eシャトルサービスに起用…COP23 画像
エコカー

ホンダの燃料電池車クラリティ、eシャトルサービスに起用…COP23

ホンダの欧州部門は11月15日、ドイツ・ボンで開催中の2017年国連気候変動枠組条約第23回締約国会議(COP23)において、燃料電池車の『クラリティ・フューエルセル』が「eシャトルサービス」に起用された、と発表した。

CO2削減目標への水素の貢献、2050年までに20%分と試算…トヨタ参画の水素協議会 画像
自動車 ビジネス

CO2削減目標への水素の貢献、2050年までに20%分と試算…トヨタ参画の水素協議会

水素協議会は11月13日、水素をエネルギー移行の主軸のひとつとする調査報告を公表した。CO2排出量削減目標に対する水素の貢献は、2050年までに20%分に達する可能性がある、としている。

空気をキレイにする看板、トヨタ MIRAI…乗用車5840台分の空気清浄効果 画像
自動車 ビジネス

空気をキレイにする看板、トヨタ MIRAI…乗用車5840台分の空気清浄効果

トヨタ自動車は、燃料電池自動車(FCV)『ミライ』のプロモーションの一環として、空気を汚さないクルマの「空気をキレイにする看板」を製作、東京・名古屋・大阪の3都市で掲出を開始した。

【東京モーターショー2017】メルセデス GLC F-CELL…世界初、プラグイン燃料電池車[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】メルセデス GLC F-CELL…世界初、プラグイン燃料電池車[詳細画像]

メルセデスベンツ『GLC F‐CELL』は、主力SUV『GLC』をベースに開発された燃料電池車。

【ロサンゼルスモーターショー2017】トヨタとレクサス、初公開車を予定…水素インフラに関する発表も 画像
自動車 ニューモデル

【ロサンゼルスモーターショー2017】トヨタとレクサス、初公開車を予定…水素インフラに関する発表も

ロサンゼルスモーターショーの主催団体は11月7日、11月下旬に米国で開幕する同ショーにおいて、トヨタとレクサスがワールドプレミアを行うと発表した。

カリフォルニアの燃料電池車、延べ走行距離2700万km超え…MIRAI や クラリティ が貢献 画像
自動車 ビジネス

カリフォルニアの燃料電池車、延べ走行距離2700万km超え…MIRAI や クラリティ が貢献

米国のTrue Zero水素ネットワークは11月6日、カリフォルニア州で運営する18か所の水素ステーションが、営業開始から1年半以内に水素250トンを供給し、燃料電池車の延べ走行距離が2700万kmを超えた、と発表した。

【東京モーターショー2017】スズキ バーグマン FC...国内唯一の燃料電池二輪車に試乗できる 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】スズキ バーグマン FC...国内唯一の燃料電池二輪車に試乗できる

スズキ『バーグマンフューエルセル』は、水素で発電するFC2V(燃料電池二輪車)、国内唯一の公道走行できるモデルだ。すでに18台がナンバーを取得して走っている。しかも、東京モーターショーで一般試乗できる。

【東京モーターショー2017】トヨタ SORA…2018年に市販、燃料電池バス[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】トヨタ SORA…2018年に市販、燃料電池バス[詳細画像]

『SORA』は燃料電池バスのコンセプトモデル。2018年に市販される計画で、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上のSORAが導入される。

【東京モーターショー2017】燃料電池PHVをアジア初公開…メルセデスベンツ 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】燃料電池PHVをアジア初公開…メルセデスベンツ

メルセデスベンツは10月25日、東京モーターショーにおいてプレスカンファレンスを開催し、アジアプレミアとなる4台のコンセプトカーを公開した。

四国に燃料電池バスが初上陸、試乗会 11月15日から 画像
エコカー

四国に燃料電池バスが初上陸、試乗会 11月15日から

徳島県は、「水素社会」の早期実現に向けた取り組みを加速させるため、四国初上陸となる燃料電池バスの試乗会を開催する。

【東京モーターショー2017】トヨタ、燃料電池バスのコンセプトモデル『SORA』を公表へ 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】トヨタ、燃料電池バスのコンセプトモデル『SORA』を公表へ

トヨタ自動車は、10月18日、燃料電池バスのコンセプトモデル『SORA』を公表した。このコンセプトモデルをベースにした市販型が2018年から発売される予定で、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上のSORAが導入される予定である。

【危機管理産業展2017】ブラザー、ワゴン型燃料電池システムを参考出品…カセットボンベで稼働 画像
自動車 ビジネス

【危機管理産業展2017】ブラザー、ワゴン型燃料電池システムを参考出品…カセットボンベで稼働

ミシンやプリンターでおなじみのブラザーが全く畑違いの製品を参考出品した。それはキャスターがついたワゴン型燃料電池システムで、屋内でも利用でき、カセットボンベをセットするだけで簡単に発電することができる。

GM、新プラットフォーム開発…燃料電池の自動運転軍用車を実用化へ 画像
エコカー

GM、新プラットフォーム開発…燃料電池の自動運転軍用車を実用化へ

GMは10月13日、水素燃料電池技術による自動運転車両の実用化に向けて、新開発した軍用にも対応できるプラットフォームを初公開した。

トヨタの燃料電池大型トラック、実証実験開始へ…まずは1日320km走行 画像
自動車 ビジネス

トヨタの燃料電池大型トラック、実証実験開始へ…まずは1日320km走行

トヨタモーターノースアメリカは10月12日、米国カリフォルニア州において10月23日から、燃料電池システムを搭載した大型トラックの実証実験を開始すると発表した。

米エネルギー省と日NEDOが協力…燃料電池車の普及めざす 画像
自動車 ビジネス

米エネルギー省と日NEDOが協力…燃料電池車の普及めざす

米国エネルギー省は10月10日、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)との間で、燃料電池車や水素ステーションの普及拡大に向けて協力することで合意した、と発表した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 33