トヨタとホンダが次世代移動サービスで“急接近”、両首脳が意気投合?[新聞ウォッチ]

e-Pallete
  • e-Pallete
  • 宮川潤一氏(モネ・テクノロジーズ代表取締役社長兼CEO)
  • 日産デイズ新型

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。…………

トヨタ自動車とソフトバンクが共同出資して新しい移動サービスを提供する「MaaS(マース)」の開発に乗り出す新組織のMONET=「モネ・テクノロジーズ」に、ホンダと日野自動車も資本・業務提携するという。

モネは今年1月、ソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%出資して設立。自治体などと組んで実証実験などを展開しているが、そこにホンダと日野もそれぞれ約2億5000万円を出資。5月末までに出資を完了する予定で、出資比率は約10%となる見込みという。

きょうの各紙も「トヨタ・ソフトバンク次世代移動サービス、ホンダと日野も出資へ」(毎日)などと報じたほか、日経には「トヨタ、ホンダ握手」とのタイトルで「激しいライバル関係にあった両社が、次世代を見すえ『協調』と『競争』を使い分ける」と伝えている。

しかも「歴史的にハイブリッドや燃料電池など次世代技術で競ってきたトヨタとホンダのタッグは異例のことだ」とも取り上げている。たしかに、ライバル意識の強かった過去の経営陣の関係からも両社の組み合わせは意外のようだが、現経営首脳のトヨタの豊田章男社長とホンダの八郷隆弘社長とは日本自動車工業会の会長と副会長の役職を通じての親交も厚く、モータースポーツの趣味などで意気投合することも多い。3月には、ほとんどニュースにはならなかったが、ホンダが運営する鈴鹿サーキットで共催のモータースポーツファンをつくるイベントを行ったほど。

今後も両社は次世代分野などでの提携拡大も予想されるが、「庇を貸して母屋を取られる」のかどうかは別にしても、ホンダの業績の行方次第では業界再編にも発展しかねないだろう。

2019年3月29日付

●日産取締役選定近く着手、社外取締役主導の委員会(読売・2面)

●ソニー平井会長退任へ(読売・2面)

●社説・日産の企業統治、組織改革だけでは不十分だ(読売・3面)

●自動運転ホンダも参画、トヨタ系合弁会社に出資へ(読売・10面)

●新元号1日昼前めど(朝日・1面)

●ゴーンショック、繰り返す統治不全、独裁者追放しても続く苦境、チルドレン問われる手腕(朝日・6面)

●移動革命へ日本連合、米グーグルやGMに対抗(毎日・6面)

●「空飛ぶ車」専用保険、東京海上日動来月から(毎日・6面)

日産デイズ新型●日産新型軽で巻き返し、国内販売5位、自社開発商品力を強化(産経・10面)

●日産特別委、事実解明足りない、八田進二・青学大名誉教授に聞く(東京・7面)

●トヨタ、ホンダ握手、グーグル先行に危機感(日経・3面)

●車8社世界生産台数、2月4%減(日経・18面)

●相鉄、JRと11月末直通(日経・43面)

●ホンダ海外法人リコール、スバルも、エアバッグ欠陥(日経・46面)

《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

  • MONETプラットフォームが目指す未来…MONETサミット[詳報] 画像 MONETプラットフォームが目指す未来…MONETサミット[詳報]
  • 日野とホンダ、SBとトヨタのMaaS事業会社MONETに参画 画像 日野とホンダ、SBとトヨタのMaaS事業会社MONETに参画
  • 日産のガバナンス特別委、「会長職」廃止など提言[新聞ウォッチ] 画像 日産のガバナンス特別委、「会長職」廃止など提言[新聞ウォッチ]
  • 【日産 デイズ 新型】ルノー日産エンジンで質感向上 画像 【日産 デイズ 新型】ルノー日産エンジンで質感向上

特集