中国専売“ロング”を一挙公開、3シリーズL、A4L、Q50Lなど…北京モーターショー2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
メルセデス・ベンツ Aクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデス・ベンツ Aクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデス・ベンツ Aクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデス・ベンツ Aクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデス・ベンツ Aクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデス・ベンツ Aクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデス・ベンツ Aクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデス・ベンツ Cクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデス・ベンツ Cクラス Lセダン(北京モーターショー2018)
中国市場では、ロングホイールベース車が好まれる傾向が未だに根強く、中国専売のロングホイールベース車が多く存在する。この記事では、そんな中国市場で人気なロング車の一部を一挙公開する。

もっぱら日本国内でホイールベースと聞いて連想するのは、メルセデス・ベンツ『Sクラス』やレクサス『LS』など、高級車のなかでもフラッグシップ級モデルだが、中国市場では『Eクラス』やアウディ『A6』、BMW『5シリーズ』などのEセグメントをはじめ、『Cクラス』や『A4』、『3シリーズ』などのDセグメントに至るまでロングホイールベース車が中国専売モデルとして販売されている。

さらに、今年の北京モーターショーでは、メルセデス・ベンツ『Aクラス』にロングセダンが設定されたり、アウディが販売するSUVとしては初めてのロングホイールベース車『Q5L』が登場するなど、注目を集めたばかりだ。

もちろん、ロングホイールベース車を投入しているのは欧州メーカーだけではなく、日産が展開するブランドであるインフィニティからは『G50L』(日本名スカイライン)やホンダが展開するブランドであるアキュラからは『TLX-L』(インスパイアに相当)などが中国専売モデルとして設定されている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集