復活のホンダ インスパイア、兄弟車「アコード」との違いは…北京モーターショー2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダ インスパイア コンセプト(北京モーターショー2018)
『インスパイア コンセプト』は、新型『アコード』がベース。アコードは中国市場では、ホンダと広汽集団の中国合弁、広汽ホンダから販売されている。ホンダのもうひとつの中国合弁、東風ホンダ向けに開発されたアコードが、インスパイア コンセプトだ。

『インスパイア』は1989~2012年、日本市場で販売されていた4ドアセダン。日本では2012年9月、販売を終了。今回、北京モーターショー2018では、インスパイアのネーミングが、コンセプトカーではあるものの、およそ6年ぶりに復活を果たした。

インスパイア コンセプトは、新型アコードに対して、バンパーやテールランプなどのデザインを変更。現時点ではコンセプトカーだが、2018年後半に中国市場で発売予定、としている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集