【東京モーターショー2017】カワサキBeyond Z:Z900RSイエローボール…Zマイスターが早くもカスタム

自動車 ニューモデル モーターショー

Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
  • Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
  • Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
  • Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
  • Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
  • Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
  • Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
  • Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
  • Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z BITO R&D
『Z900RS』を世界初公開したカワサキは、3台のカスタムも同時に東京モーターショーで披露している。

これは「Z900RSカスタムプロジェクト:Beyond Z」として、カワサキZシリーズ40年以上の歴史と革新のスピリットをテーマに、カスタムディレクターたちが三者三様で『Z900RS』を仕上げたもの。

まずは、シリーズを知り尽くしたマイスターが自分のために創り上げたZから紹介しよう。カワサキZ系チューナーとして名高い「ビトーR&D」代表の美藤定さんによるものだ。

Z900RSの走りは現代的で旋回性も申し分ないが、もう少しリラックスしてゆったり乗れるようにと美藤さんは考え、前後17インチのホイールを18インチ化し、細めのタイヤを履いた。

ノーマルの半分程度の重量しかない「JB-POWER MAGTAN」ホイールは、バネ下の軽量化とともに軽快で穏やかなハンドリングを実現している。手応えのあるダイナミックなライドフィールは、フォークオフセット量をノーマル値の35mmから40mmに変更することで手に入れた。

足まわりはノーマルのままでも機能的には充分だったが、「自分が所有するのなら」と考え、アルミ削り出し6ピストンキャリパーを装着。

チタン製の集合マフラーは、手曲げならではの滑らかな曲線をエキパイが描き、焼け色も美しい。これもまたノーマルの半分以下の重さでしかない。

リヤホイールのアクスルシャフトには、耐久レーサーさながのタイヤ・クイックチェンジ機構を備えているか驚く。日々のメンテナンスのことを考慮したもので、世界で幾多もの耐久レースを経験してきた美藤さんならではのアイデアだと言えよう。旅の道具としても愛用して欲しいという願いから、リヤキャリアも備わっている。

外装はイエローボール。Zの匠が自身のために手がけた意欲作だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集