【F1 日本GP】ウイリアムズ40周年記念イベント、レジェントマシン4台が登場予定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ウイリアムズ FW11(1986年)
  • ウイリアムズ FW11(1986年)
  • ウイリアムズ FW09(1984年)
  • ウイリアムズ FW04(1975年~1976年)
  • ウイリアムズ FW08(1982年)
鈴鹿サーキットは、「2017 FIA F1世界選手権シリーズ 第16戦日本グランプリレース」の期間中(10月5~9日)、40周年を迎えるウイリアムズF1チームの歴代マシンを展示する「ウイリアムズF1 40th アニバーサリー エキシビション」を開催すると発表した。

1966年にチームとしてF3、F2を経てF1にも参戦したフランク・ウイリアムズ(英国)が、新たに「ウイリアムズ・グランプリ・エンジニアリング」を1977年に設立しF1に参戦。以来9回のコンストラクターズ(製造者)チャンピオン、7回のドライバーズチャンピオンを獲得し、フェラーリ、マクラーレンと並ぶ名門チームとして君臨してきた。

40周年記念イベントでは、ウイリアムズF1チームの歴史を彩ってきたマシンをGPスクエアに展示するほか、デモンストレーションランを実施。展示・デモンストレーションランマシンは、初の選手権ポイントをもたらした「FW04(1975年~1976年)」、ケケ・ロズベルグがドライバーズチャンピオンを獲得した「FW08(1982年)」、ホンダエンジンを搭載した初のターボマシン「FW09(1984年・展示のみ)」、ナイジェル・マンセルとネルソン・ピケのコンビで3度目となるコンストラクターズチャンピオンを獲得した「FW11(1986年)」の4台を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集