【VW ゴルフGTE 試乗】“GTEボタン”が示すハイブリッドの使い道…鈴木ケンイチ

試乗記 輸入車
VW ゴルフGTE
  • VW ゴルフGTE
  • VW ゴルフGTE
  • VW ゴルフGTE
  • VW ゴルフGTE
  • VW ゴルフGTE
  • VW ゴルフGTE
  • VW ゴルフGTE
ほとんどのプラグインハイブリッドカーは、「EVモード」「ハイブリッドモード」を選択できるようになっている。VW『ゴルフGTE』も同様でありEVモードを選択すれば、最高出力80kW(109ps)/最大トルク330Nmのモーターでの走行が可能だ。

正直、ゴルフクラスの寸法であれば、このモーターの出力だけでも十分にキビキビ走ることができる。EV走行のまま130km/hまで走れるし、航続距離は最高50kmほど。EVのゴルフとして、静かで力強く、快適な走りを楽しむことができる。ハイブリッドJC08モード燃費23.8km/リットルも悪くはない数字と言えるだろう。

しかし、ゴルフGTEには、もうひとつ「GTEボタン」が用意されている。これが、このモデルの最大の特徴ではないだろうか。

このボタンを押すと、最高出力110kW(150ps)の1.4リットル直噴ターボのTSI(R)エンジンが目覚めて、駆動はエンジン主体となる。もちろんモーター駆動よりも走りはキビキビと力強い。しかし、キビキビはこれで終わりではない。その状態でアクセルを深く踏み込むと、エンジンの力にモーターの力がプラスされ、目の覚めるような強烈な加速を味わえる。エンジンの力にモーターをプラスして、1+1=2のパワーを楽しめるのだ。

日本のハイブリッドのほとんどはエコ/省燃費志向だ。しかし、ハイブリッドは他にも使い道がある。それが「運動性能を高める」であり、ゴルフGTEはそちらの方向でハイブリッドを利用していたのだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

鈴木ケンイチ | モータージャーナリスト(日本自動車ジャーナリスト協会会員)
新車のレビューからEVなどの最先端技術、開発者インタビュー、ユーザー取材、ドライブ企画まで幅広く行う。特に得意なのは、プロダクツの背景にある作り手の思いを掘り出すインタビュー。
《鈴木ケンイチ》
【画像】【VW ゴルフGTE 試乗】“GTEボタン”が示すハイブリッドの使い道…鈴木ケンイチ(7枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース