プラグインハイブリッド(PHEV)試乗記に関するニュースまとめ一覧

【三菱 アウトランダーPHEV 新型試乗】走りの質感アップ、これぞ”熟成”と言うべき進化…桂伸一 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 新型試乗】走りの質感アップ、これぞ”熟成”と言うべき進化…桂伸一

『アウトランダーPHEV』がさらに進化する。といっても筆者が乗ったのはプロトタイプなので、試乗はクローズドコースでの話。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】どんなライフスタイルでもどんな道でも、賢く逞しい相棒に…まるも亜希子 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】どんなライフスタイルでもどんな道でも、賢く逞しい相棒に…まるも亜希子

プラグインハイブリッドとEVを融合した、世界唯一のSUVとして2012年末に登場した『アウトランダーPHEV』には、これまで市街地はもちろん500km以上のロングドライブ、山道、雪上、氷上とさまざまなシーンで試乗し、その素晴らしさを実感してきた。

【ボルボ XC90 T8 試乗】人をおおらかな気持ちにさせてくれるクルマ、かも…島崎七生人 画像
試乗記

【ボルボ XC90 T8 試乗】人をおおらかな気持ちにさせてくれるクルマ、かも…島崎七生人

2016年時点でいうと『XC90』はボルボ車ラインアップの頂点に立つモデル。トップグレードは1000万円超だが、新世代のデザインを纏ったエレガントなたたずまいは、“スカンジナビアンテイスト”のフレーズを聞くまでもない…といったところか。

【VW ゴルフGTE 4000km試乗 後編】電費&燃費検証、プラグインHVのメリットを改めて考える…井元康一郎 画像
試乗記

【VW ゴルフGTE 4000km試乗 後編】電費&燃費検証、プラグインHVのメリットを改めて考える…井元康一郎

フォルクスワーゲンが昨年9月に発売したプラグインハイブリッドモデル『ゴルフGTE』で東京、鹿児島間を4000kmあまり周遊した。

【BMW 330e 試乗】スポーツセダンらしさは損なわれていない…島崎七生人 画像
試乗記

【BMW 330e 試乗】スポーツセダンらしさは損なわれていない…島崎七生人

BMW『3シリーズ』といえは、50歳台のレポーターにとって、ずっと憧れの存在。初体験は初代E21型が現役だったころに取材で乗った「320-6」だったが、第三京浜をシャーン!とエンジンを回しながら爽快に走るさまは、今でもカラダに感触が残っている。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】PHEVである以前にちゃんと乗用車である、ということ…島崎七生人 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】PHEVである以前にちゃんと乗用車である、ということ…島崎七生人

PHEV(やハイブリッド)である前に、ちゃんとした乗用車、実用車であること。市販車である以上、そのことは外せないどころか、当然の条件。その意味で『アウトランダーPHEV』は合格点を獲得している、と思う。

【BMW X5 xDrive40e 試乗】クラス相応のゆったり感がいい…島崎七生人 画像
試乗記

【BMW X5 xDrive40e 試乗】クラス相応のゆったり感がいい…島崎七生人

もう何度書いたかわからないが、初代『X5』の姿を初めてみた時のインパクト(大きな声ではいえないが“なんちゃってSUV感”)は未だ鮮烈に残っている。が、今やプレミアムSUV界の大御所であり、もしも紅白歌合戦に出場が決まれば、当然トリを務めるべきモデルである。

【VW パサートGTE 試乗】さり気なく乗れる“先進上級車”…島崎七生人 画像
試乗記

【VW パサートGTE 試乗】さり気なく乗れる“先進上級車”…島崎七生人

“GTE”の呼称は『ゴルフ』に続くもの。EV/ハイブリッド/GTEの3つの走行モードをもつ点も同じ。とはいえモデルが違い、『パサート』らしい走りっぷりに仕立てられている点に、まず感心した。

【BMW i8 試乗】ミュータントぶりはいまだ健在…島崎七生人 画像
試乗記

【BMW i8 試乗】ミュータントぶりはいまだ健在…島崎七生人

『i8』が日本市場に導入され、早3年が過ぎた。これまで僕らは仕事で触れたり見かけたりするチャンスはあったが、一般的には街中でそうそう見かけないだろう。テスラ『モデルS』のほうが断然、見かける。よってi8のミュータントぶりはいまだ健在…そういえる。

【BMW 225xe アクティブツアラー 試乗】ユーザーの心を鷲掴みにしないわけがない…島崎七生人 画像
試乗記

【BMW 225xe アクティブツアラー 試乗】ユーザーの心を鷲掴みにしないわけがない…島崎七生人

全幅1800mm、全高1550mmとまさに日本市場を見据えたボディサイズと500万円を切る車両価格。加えてBMWであり、多用途車系となれば売れる素性は十分。が、さらにPHEVになり、しかも4WDも。もうユーザーの心を鷲掴みにしないほうがおかしい…そんなクルマである。

【VW ゴルフGTE 試乗】何であろうとブレずにゴルフであること…島崎七生人 画像
試乗記

【VW ゴルフGTE 試乗】何であろうとブレずにゴルフであること…島崎七生人

“GTE”というとむかし自分で乗っていた初代『シロッコ』がGTEだったよなぁ…などとふと思い出した。当時はボッシュKジェトロニックを意味し、現代の“E”はエレクトリックドライブを表わす。僕くらいの人生の長さでも、いろいろな経験ができるものだ…なとと思ったりして。

【VW パサートGTE 試乗】心が穏やかになるような乗り心地…まるも亜希子 画像
試乗記

【VW パサートGTE 試乗】心が穏やかになるような乗り心地…まるも亜希子

EVモードで走りはじめて数分。いちばん感心したのは、心が穏やかになるような乗り心地の良さ。どこにもゴツゴツ感がなく、落ち着いていてなめらかで、まるで舗装したばかりの道をずっと走っているよう。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】PHVに求められる基本要件は十分満たしている…高山正寛 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】PHVに求められる基本要件は十分満たしている…高山正寛

『i-MiEV』で培ったEV技術を用い、2013年1月に登場した『アウトランダーPHEV』。前後異なるツインモーターを使ったフルタイム4WDシステム、通常はEVとして十分使える航続距離など、先行するトヨタ『プリウスPHV』よりその実力は抜きん出ていた。

【BMW 330e 試乗】3つの乗り味が楽しめる、おいしいPHEV…まるも亜希子 画像
試乗記

【BMW 330e 試乗】3つの乗り味が楽しめる、おいしいPHEV…まるも亜希子

スポーティさと上質さの抜群のバランスが『3シリーズ』の魅力だと思っていたが、この『330e』はひと味ちがった。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】日本のPHEVだからこそのアドバンテージがある…岩貞るみこ 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】日本のPHEVだからこそのアドバンテージがある…岩貞るみこ

先端技術を満載させて登場してくるライバルを迎え撃つ、三菱『アウトランダーPHEV』である。いち早く登場したこともあり、インテリアには古さが否めない。

【VW ゴルフGTE 4000km試乗 前編】ロングツアラーとしてほぼ理想的な乗り味…井元康一郎 画像
試乗記

【VW ゴルフGTE 4000km試乗 前編】ロングツアラーとしてほぼ理想的な乗り味…井元康一郎

フォルクスワーゲンのCセグメント・プラグインハイブリッド『ゴルフGTE』で4000kmほどツーリングする機会があったのでリポートする。

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】先駆けとして登場して3年、今も高い競争力…鈴木ケンイチ 画像
試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV 試乗】先駆けとして登場して3年、今も高い競争力…鈴木ケンイチ

三菱『アウトランダーPHEV』がデビューしたのは2013年のこと。当時、他にプラグインハイブリッドはトヨタの『プリウスPHV』があるだけで、市場にプラグインハイブリッドが受け入れられるかどうかは不透明であった。

【BMW 225xe アクティブツアラー 試乗 】PHVエントリーモデルとして必要十分な資質…会田肇 画像
試乗記

【BMW 225xe アクティブツアラー 試乗 】PHVエントリーモデルとして必要十分な資質…会田肇

FFをベースとしたBMW『2シリーズ』に、2016年1月、新たな選択肢として加えられたのが『225xe アクティブツアラー』だ。一見してFFモデルと大差ない外観だが、駆動系には「BMW i」の流れを汲むPHEVとしてのパワーユニットを備える。その走りを検証した。

【VW ゴルフGTE 試乗】GTIゆずりの懐の深い走りは健在…片岡英明 画像
試乗記

【VW ゴルフGTE 試乗】GTIゆずりの懐の深い走りは健在…片岡英明

フォルクスワーゲンは、ディーゼルエンジンの不正問題が発覚して以降、パワートレーンの電動化に本腰を入れるようになった。EVとともに力を入れているのが、電気モーターを加えたプラグインハイブリッド車だ。その最初の作品となったのが『ゴルフGTE』である。

【アウディ A3 e-トロン 試乗】鼻先充電はやめていただきたい…岩貞るみこ 画像
試乗記

【アウディ A3 e-トロン 試乗】鼻先充電はやめていただきたい…岩貞るみこ

ボディの真正面につけられた、アウディマークの4リング。外部充電は、このマークのカバーをはずした部分に設定されている。『ゴルフGTE』などもそうだけれど、鼻先に設定されているクルマは多い。

【VW パサートGTE 試乗】一体感のあるハンドリングと上質な乗り心地…片岡英明 画像
試乗記

【VW パサートGTE 試乗】一体感のあるハンドリングと上質な乗り心地…片岡英明

『ゴルフGTE』に続いて送り出されたプラグインハイブリッド車の第2弾が、フラッグシップの『パサート』に追加された「GTE」である。

【アウディ A3 e-トロン 試乗】記号性よりも“実”で選ぶPHEV…島崎七生人 画像
試乗記

【アウディ A3 e-トロン 試乗】記号性よりも“実”で選ぶPHEV…島崎七生人

「e-トロン」の充電ポートは、フロントの“4つ輪”をスライドさせると現れる。まるでサンダーバードのようなギミックだ。ほかにメッキの横パターンのグリルも専用デザイン。が、ことさらEVでもあることの主張はむしろ控えめ。普通に『A3』している。

【ボルボ XC90 T8 試乗】非凡な加速性能と、絶大な安心感…片岡英明 画像
試乗記

【ボルボ XC90 T8 試乗】非凡な加速性能と、絶大な安心感…片岡英明

ボルボのフラッグシップであるXC90は、モデルチェンジを機に新世代の2.0リットル直列4気筒DOHCターボを搭載した。これにスーパーチャージャーを加え、ツイン過給を行う「T6」も設定している。さらに上を行くのがイメージリーダーの「T8」だ。

【VW ゴルフGTE 試乗】ゴルフ=国産車として認定したいのだが…岩貞るみこ 画像
試乗記

【VW ゴルフGTE 試乗】ゴルフ=国産車として認定したいのだが…岩貞るみこ

いまや国産車のように扱える、親近感あふれる『ゴルフ』である。それゆえに、違和感なく運転できると、日本国民のDNAに刷り込まれているところすらある。

【メルセデスベンツ C350e 試乗】他の Cクラス の出来が良いだけに…片岡英明 画像
試乗記

【メルセデスベンツ C350e 試乗】他の Cクラス の出来が良いだけに…片岡英明

新世代メルセデスベンツの先鋒としてバリエーションを拡大している『Cクラス』に加わったのが、ハイブリッド車に充電機能を加えたプラグインハイブリッドの『C350e』である。

    1 2 3 > 次
Page 1 of 3