スズキ、大型バイク「バンディット1250S ABS」を改良…カウル刷新、新色を設定

モーターサイクル 新型車

スズキ バンディット1250S(キャンディダーリングレッド)
  • スズキ バンディット1250S(キャンディダーリングレッド)
  • スズキ バンディット1250S(グラススパークルブラック)
  • スズキ バンディット1250S(パールグレッシャーホワイト)
  • スズキ バンディット1250S(キャンディダーリングレッド)
  • スズキ バンディット1250S(グラススパークルブラック)
  • スズキ バンディット1250S(パールグレッシャーホワイト)
スズキは、ハーフカウルの大型スポーツバイク『バンディット1250S ABS』を一部改良して、1月15日に発売する。価格は111万2400円。

現行のバンディット1250S ABSは、2000年に『バンディット1200』として登場以降、コンパクトな車体やトルクフルかつ扱いやすいエンジンに定評があるロングセラー。今回はハーフカウルの形状を見直し、サイドカウルの下部をラジエータ部分まで延長。空気抵抗の低減を図り、高速巡航時の快適性を向上した。

また、ブラックのホイールとフレームを採用することで、車体全体に引き締まった印象を与えた。加えてハンドル固定部位もブラック塗装とし、マットシルバーのハンドルを装備した。

車体カラーは「キャンディダーリングレッド」「グラススパークルブラック」「パールグレッシャーホワイト」の3色をラインアップする。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集