JR東日本「週末パス」、設定期間を来年3月1日まで延長

鉄道 企業動向
「週末パス」のフリーエリア。JR東日本の首都圏・南東北・上信越エリア各線が土曜・休日の2日間、自由に乗り降りできる。
  • 「週末パス」のフリーエリア。JR東日本の首都圏・南東北・上信越エリア各線が土曜・休日の2日間、自由に乗り降りできる。
  • 「週末パス」は単体では普通車の普通車自由席のみ利用できる。写真は上越線の水上駅。
  • 「週末パス」は特急券などを別途購入すれば特急列車なども利用できる。写真は常磐線の特急『ひたち』(左)。
  • 「週末パス」は一部の私鉄や第三セクター鉄道も利用できる。写真は「週末パス」フリーエリアの上田電鉄別所線。
JR東日本は8月25日、同社の鉄道路線などが2日間利用できるフリー切符「週末パス」について、利用可能期間を2015年3月1日まで延長すると発表した。

「週末パス」は、「ウィークエンドパス」を改称する形で2013年4月から発売しているフリー切符。当初の設定期間は同年9月までとしていたが、その後「週末にご旅行されるお客さまにご好評いただいている」として設定期間の延長が続いている。前回の延長時は今年9月までの設定だった。今回、発売期間を2015年2月27日まで、利用可能期間を3月1日まで延長することになった。

切符の効力はほぼ従来通り。3月1日までの土曜・休日の2日間に限り、首都圏と南東北、上信越地域のJR東日本各線と、北越急行・伊豆急行・会津鉄道・富士急行・鹿島臨海鉄道・ひたちなか海浜鉄道・福島交通・阿武隈急行・山形鉄道・しなの鉄道・上田電鉄・長野電鉄・アルピコ交通各社の鉄道路線が利用できる。ただし、12月28~29日と2015年1月3~4日は利用できず、会津鉄道は西若松~会津田島間のみ利用可能。

利用できる列車と座席は快速・普通列車の普通車自由席だが、新幹線や特急列車も特急券などを別途購入すれば利用できる。

発売額は大人8730円・子供2560円。実際に利用を開始する日の1カ月前から前日まで購入することが可能だ。たとえば11月1~2日に利用する場合、10月1日から31日までの発売になる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集