【東京モーターショー13】ホンダ ビート後継を2015年市販化…S660 コンセプト初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ・S660コンセプト
  • ホンダ・S660コンセプト
  • ホンダ・S660コンセプト
  • ホンダ S660 コンセプト
  • ホンダ S660 コンセプト(東京モーターショー13)
  • ホンダ・S660コンセプト
  • ホンダ・S660コンセプト
  • ホンダ・S660コンセプト
  • ホンダ・S660コンセプト
東京モーターショー2013。ホンダは2シーターオープン『ビート』の後継モデル『S660 コンセプト』を初公開。同社の伊東孝紳社長は「現在、2015年の市販化を目指して鋭意開発中」と同モデルの市販化を明言した。

初公開されたS660コンセプトは、ミッドシップレイアウトの2シーターオープン『ビート』のコンセプトを踏襲、次世代軽オープンスポーツモデルとして復活することになる。

伊東社長「S660コンセプトは、ミッドシップレイアウトによる軽快で力強い走りと抜群の安定感に加えて、ダイナミックなデザインが特徴。“とにかくかっこいい、ホンダらしい車を作りたい”そんな若いエンジニアの自由な発想を具現化した。世界中のお客様にもっと元気なホンダを感じてほしい」とコメントした。
《》

編集部おすすめのニュース

特集