【東京モーターショー13】米EVのテスラ、初出展…モデルS をアピール

エコカー EV

テスラ・モデルS「85kWhパフォーマンス」
  • テスラ・モデルS「85kWhパフォーマンス」
  • テスラ・モデルS「85kWhパフォーマンス」
  • テスラ・モデルS「85kWhパフォーマンス」
  • テスラ・モデルS「85kWhパフォーマンス」
  • テスラ・モデルS 内装
  • テスラ・モデルS 内装
  • テスラ・モデルS 内装
  • テスラ・モデルS 内装
11月20日、東京ビッグサイトで開幕する東京モーターショー13。同ショーに、米国のEVベンチャー、テスラモーターズが、初めてブースを構えることが分かった。

これは、テスラモーターズの日本法人、テスラモーターズジャパンが明らかにしているもの。同社は、「東京モーターショー2013に出展する」と発表している。

テスラモーターズの東京モーターショーでのブースの主役は、新型EVの『モデルS』。モデルSはパワフルなモーターを積むセダンタイプのEVで、0-100km/h加速は5.9秒、最高速200km/hの性能を備える。

また、ボディサイズは全長4978×全幅1964×全高1435mm、ホイールベース2959mm。1回の充電で、最大約500 kmを走行可能。

テスラモーターズは、初出展の東京モーターショーで、このモデルSを広くアピールする方針だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集