【東京モーターショー13】三菱自動車、次期型パジェロ示唆するPHEVコンセプトに次世代情報システム搭載

自動車 ニューモデル モーターショー

タッチスクリーン式大型インターフェイス「タクティカルテーブル」
  • タッチスクリーン式大型インターフェイス「タクティカルテーブル」
  • 中尾龍吾氏 三菱自動車 商品戦略・事業化統括部門長兼開発統括部門長
  • 中尾龍吾氏 三菱自動車 商品戦略・事業化統括部門長兼開発統括部門長
  • 大塚弘明氏 三菱自動車 デザイン本部本部長
  • 百瀬信夫氏 三菱自動車 EV要素研究長
  • 百瀬信夫氏 三菱自動車 EV要素研究長
  • 【東京モーターショー13】三菱自動車、次期型パジェロ示唆するPHEVコンセプトに次世代情報システム搭載
  • 【東京モーターショー13】三菱自動車、次期型パジェロ示唆するPHEVコンセプトに次世代情報システム搭載
11月20日よりプレスデーが開幕する第43回東京モーターショーにおいて、三菱自動車は「@earth TECHNOLOGY」をテーマに、SUVの機能性・安心感を象徴する最先端の次世代テクノロジーを打ち出すことを明らかにした。

ショーには、世界初披露となるコンセプトカーが3台登場する。『Concept GC - PHEV』『Concept XR - PHEV』そして『Concept AR』だ。スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車『eKスペース』も、この場でお披露目される予定だ。


◆コネクテッドカー技術をアレンジする理由は

3台に共通し注目すべき点は次世代の情報システムを活用したコネクテッドカー技術。主な機能は2点あり、危険を察知して安全機能を的確に作動させるシステムと故障や異常を早期に発見して修理やメンテナンスを促すシステムだ。

三菱が独自性を打ち出しているのは、予防安全技術「e-Assist」との連携。コネクテッドカーと「e-Assist」連携により前方支援・後方支援・斜後方死角支援が可能となる。


◆仲間とつながる 新たなコミュニケーションの誕生

安全機能だけではなく、「タクティカルテーブル」によって車内で情報のやりとりが可能となるのも特徴だ。

室内中央にレイアウトされた「タッチスクリーン型大型インターフェース」は、情報を受信するだけでなく、乗員が持ち寄ったドライブ情報を集めることができるというもので、スマートフォンをテーブルに置くだけで情報が収集される。オリジナルマップやドライブプランを造り、さらにその情報を外部と車載通信機で送信し、共有することも可能だ。

三菱自動車が掲げる「drive@earth」には「地球を走る・地球と生きる」という同社の環境コミットと姿勢が込められているが、具体的には同社におけるPHEVやEVなどの電動自動車の生産比率を2020年までに20%以上を目指している。今回のショーで初出展される車両は、『パジェロ』や『RVR』といった主力車種の次世代モデルを示唆するものとされており、電動車両生産比率20%達成に向けた踏み台と捉えることができるだろう。
《北原 梨津子》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集