日産志賀COO、FCVは経済的に成り立つ価格目指す

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車の志賀俊之COO
  • 日産自動車の志賀俊之COO
  • 日産自動車の志賀俊之COO
  • 日産 エクストレイルFCV(参考画像)
  • 日産 エクストレイルFCV(参考画像)
日産自動車の志賀俊之COOは、独ダイムラーおよび米フォードモーターと合意した燃料電池車(FCV)の提携について「もともとダイムラーとフォードは燃料電池技術を共同開発していた。日米欧の企業がパートナーとなることでインフラ整備なども加速できる」と、提携の成果に期待を示した。

志賀COOは1月29日に横浜市の本社で今回のFCVの提携についてコメントした。提携により「普及に不可欠なコストも下げることが可能になる」と指摘した。ただ、具体的な価格目標等については「まだ申し上げる段階でない」とし、「(顧客、メーカーともに)経済的に成り立つレベルの価格を目指す」と話した。

また、FCVの開発をめぐる提携については「現時点では開発競争をしているが、水素インフラも必要なので、どこかの時点で(更なる)グループができる可能性はある」と述べ、集団化による開発が進むとの見解を示した。

《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集