【リコール】三菱 eKスポーツ など…ターボチャジャーが腐食

エコカー 燃費
【リコール】三菱 eKスポーツ など…ターボチャジャーが腐食
  • 【リコール】三菱 eKスポーツ など…ターボチャジャーが腐食
三菱自動車工業は2日、軽自動車『eKスポーツ』『eKアクティブ』および日産『オッティ』のターボチャージャ付車の原動機に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2002年8月26日-2008年4月18日に製作された計7万6681台。

不具合は2か所で、(1)ターボチャージャへオイルを供給するオイルフィードパイプの配管位置と防錆処置が不適切なため、融雪剤散布地域ではパイプが腐食して穴が開き、漏れたオイルが排気管に付着して発火し、火災に至るおそれがある、(2)ターボチャージャに冷却水を供給する冷却水フィードパイプの配管位置と防錆処置が不適切なため、融雪剤散布地域ではパイプが腐食して穴が開き、冷却水が漏れるおそれがある。

それぞれ、オイルフィードパイプ、冷却水フィードパイプを対策品と交換する。
 
不具合発生件数は(1)が6件、(2)が3件。いずれも市場からの情報で発見した。いずれも事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 軽自動車販売、5か月連続マイナス…3月 画像 軽自動車販売、5か月連続マイナス…3月
  • 08年度の軽自動車販売、ダイハツがトップを堅持 画像 08年度の軽自動車販売、ダイハツがトップを堅持
  • 【e燃費アワード09】ユーザーの燃費志向が高まった1年…スバル 画像 【e燃費アワード09】ユーザーの燃費志向が高まった1年…スバル

特集