新型 シビックタイプR が走った! Honda Racing THANKS DAY、2年ぶり開催

Honda Racing THANKS DAY 2021-2022
  • Honda Racing THANKS DAY 2021-2022
  • Honda Racing THANKS DAY 2021-2022
  • Honda Racing THANKS DAY 2021-2022
  • Honda Racing THANKS DAY 2021-2022
  • Honda Racing THANKS DAY 2021-2022
  • Honda Racing THANKS DAY 2021-2022
  • Honda Racing THANKS DAY 2021-2022
  • Honda Racing THANKS DAY 2021-2022

2月6日鈴鹿サーキットにてHonda Racing THANKS DAY 2021-2022が開催。Hondaのレーシングマシンと国内外で活躍するトップドライバー・ライダーが集結し、厳しく冷え込んだ冬の鈴鹿で熱い走りを観客に披露した。

今回のイベントはHondaが世界中で挑戦するドライバーとライダーが、2輪と4輪の垣根を越えてコラボレーションするファン感謝祭。例年はツインリンクもてぎで開催されていたが、2020年のイベントもコロナ禍でオンライン開催での実施。リアルイベントでの開催は2年3ヶ月ぶりとなり、舞台も鈴鹿サーキットへと変更された。

Honda Racing THANKS DAY 2021-2022Honda Racing THANKS DAY 2021-2022

Honda Racing THANKS DAY 2021-2022はSUPER FORMULAのフリープラクティスからスタート。続いてSUPER GT / GT500のフリープラクティスも行われ、早朝から本番さながらのスピードで各選手がサーキットを疾走した。

Honda Racing THANKS DAY 2021-2022Honda Racing THANKS DAY 2021-2022

また、HondaがGT500クラスに参戦している『NSX-GT』の2022年型が正式に初披露となった。2022年は空力開発が解禁、そしてエアロパ―ツは現行NSXの最終モデルである『Type S』のフロントフェイスへと変更されており、より力強い目つきへとリニューアルされた。

フリープラクティス後、ホームストレート上ではトライアルバイクのデモ走行を実施。直後に開催されたオープニングセレモニーではHondaの代表取締役社長 三部敏宏氏に出迎えられながら、2輪ライダーが12名、4輪ドライバーが11名登場し観客からの視線を集めていた。

Honda Racing THANKS DAY 2021-2022Honda Racing THANKS DAY 2021-2022

そして今回はドライバー・ライダーをTeam RED / Team Blueとグループ分けしたチーム対抗戦を開催。レース結果のポイント(1位:20ポイント、2位:10ポイント、3位以下:0ポイント)とTwitter上のファン投票で多くの票を集めたチームにファンブースト:10ポイントが与えられ、その合計で勝利が決まるエキシビジョンマッチが開催された。

まずGPフィールドにて、モトファイターによるライダー対決とカートアタッカーでの対決を実施。つづいて国際レーシングコースでの戦いに場を移し、シビック / N-ONE OWNER'S CUP/ HRS Moto/ HRS Formulaマシン / PCX ELECTRICのe-Bikエキシビジョンレースによる7番勝負での対決となった。

Honda Racing THANKS DAY 2021-2022Honda Racing THANKS DAY 2021-2022

注目はシビック対決。東京オートサロンで初展示された、新型『シビック・タイプR プロトタイプ』がサプライズで登場。走行シーンを見るのは初めてとなり、観客たちは食い入るように2台のタイプRに注目していた。チーム対抗戦では10ポイント差で、合計145ポイントを獲得したTeam Blueが勝利を収めた。

Honda Racing THANKS DAY 2021-2022Honda Racing THANKS DAY 2021-2022

そしてメインイベントとなるレーシングマシンの走行も実施。SUPER FORMULAのエキシビジョンレース、2輪マシンによるデモ走行、最後にSUPER GTによるデモレースが開催。最後にメインストレート上に選手とマシンが集まりイベントは幕を閉じた。

昨シーズンのF1でドライバーズタイトルを獲得して撤退したレッドブル・ホンダのRB16Bの走行はなかったが、同車をはじめ場内に展示された8台のF1マシンからHondaの第3期の歴史が感じられた。加えて、従来Hondaの2輪モータースポーツを管轄していたHRCは、2022年シーズンから4輪を含めた全てのモータースポーツ活動の集約をすでに発表している。新生HRC体制となるHondaの2022年シーズンの挑戦から目が離せない。

<招聘ライダー・ドライバー、出走・展示マシン一覧>
4輪マシン
・Formula 1:Red Bull Racing Honda / RB16B
・Formula 1:Scuderia AlphaTauri Honda / AT02ショーカー
・Formula 1:Red Bull Racing Honda / RB16
・Formula 1:Red Bull Toro Rosso Honda / STR14
・Formula1:Red Bull Toro Rosso Honda / STR13
・Formula1:McLaren-Honda / MCL32
・Formula1:McLaren-Honda / MP4-31
・Formula1:McLaren-Honda / MP4-30
・SUPER GT / GT500:#8 ARTA / ARTA NSX-GT
・SUPER GT / GT500:#16 TEAM Red Bull MUGEN / RedBull MOTUL MUGEN NSX-GT
・SUPER GT / GT500:#17 Astemo REAL RACING / Astemo NSX-GT
・SUPER GT / GT500:#64 Modulo Nakajima Racing / Modulo NSX-GT
・SUPER GT / GT500:#100 TEAM KUNIMITSU / STANLEY NSX-GT
・SUPER FORMULA:#5 DOCOMO TEAM DANDELION RACING / SF19
・SUPER FORMULA:#12 Threebond Drago CORSE / SF19
・SUPER FORMULA:#50 B-Max Racing Team / SF19
・SUPER FORMULA:#64 TCS NAKAJIMA RACING / SF19

4輪ドライバー:SUPER GT / SUPER FORMULA
・ARTA / TEAM MUGEN:野尻 智紀
・ARTA / Threebond Drago CORSE:福住 仁嶺
・Team Red Bull MUGEN:笹原 右京
・Team Red Bull MUGEN / TCS NAKAJIMA RACING:大湯 都史樹
・Astemo REAL RACING:塚越 広大
・Astemo REAL RACING / B-Max Racing:松下 信治
・Modulo Nakajima Racing:伊沢 拓也
・Modulo Nakajima Racing / DOCOMO TEAM DANDELION RACING:大津 弘樹
・TEAM KUNIMITSU / TCS NAKAJIMA RACING:山本 尚貴
・TEAM KUNIMITSU / DOCOMO TEAM DANDELION RACING:牧野 任祐
・TEAM GOH:佐藤 蓮

Supervisor
・ARTA:鈴木 亜久里
・Astemo REAL RACING:金石 勝智
・Modulo Nakajima Racing/TCS NAKAJIMA RACING:中嶋 悟

2輪マシン
・MotoGP:#93 Repsol Honda Team / RC213V
・MotoGP:#30 LCR Honda IDEMITSU / RC213V
・JRR / JSB1000:#5 SDG Honda Racing / CBR1000RR-R FIREBLADE
・JRR / JSB1000:SDG Motor Sports RT HARC-PRO. / CBR1000RR-R FIREBLADE
・JRR / JSB1000:Astmo Honda Dream SI Racing / CBR1000RR-R FIREBLADE
・JRR / ST1000:#1 Astmo Honda Dream SI Racing / CBR1000RR-R FIREBLADE
・MXGP:#243 Team HRC / CRF450RW
・JMX / IA1:#22 Honda Dream Racing Bells / CRF450R
・JMX / IA1:#23 Honda Dream Racing Bells / CRF450R
・Rally:Monster Energy Honda Team / CRF450 RALLY
・TrialGP:#1 Repsol Honda Team / COTA4RT
・JTR / IAS:#1 TEAM MITANI Honda / RTL300R
・JTR / IAS:#3 TEAM MITANI Honda / RTL300R

2輪ライダー
全日本ロードレース選手権 / MFJ All-Japan Road Race Championship

・JSB1000 / SDG Honda Racin:名越 哲平
・JSB1000 / Astemo Honda Dream SI Racing:作本 輝介
・JSB1000 / SDG Motor Sports RT HARC-PRO.:榎戸 育寛
・ST1000 / Astemo Honda Dream SI Racin:渡辺 一馬

全日本モトクロス選手権 / MFJ All-Japan Motocross Championship
・IA1 / Honda Dream Racing Bells:大城 魁之輔
・IA1 / Honda Dream Racing Bells:大倉 由揮
・山本 鯨

全日本トライアル選手権 / MFJ All-Japan Trial Championship
・IAS / TEAM MITANI Honda:小川 友幸
・IAS / TEAM MITANI Honda:氏川 政哉

英国スーパーバイク選手権 / British Superbike Championship
・Honda Racing:高橋 巧
・Honda Racing:水野 涼

HRC テストライダー / HRC Test Rider
・長島 哲太

Supervisor
・伊藤真一

《後藤竜甫》

編集部おすすめのニュース

特集