【スバル ソルテラ】スバルらしいSUVをBEVで実現、とは?

スバル・ソルテラ
  • スバル・ソルテラ
  • スバルの中村知美社長とソルテラ
  • スバル・ソルテラ
  • スバル・ソルテラ
  • スバル・ソルテラ
  • スバル・ソルテラ
  • スバル・ソルテラ
  • スバル・ソルテラ

スバルは11月11日、新型バッテリー電気自動車(BEV、フルEV)のソルテラを発表した。スバルらしいSUVをBEVで実現したという。デザイン、プラットフォーム、駆動システムのそれぞれでスバルのSUVらしさを表現したそうだ。

エクステリアデザインについては、まずヘキサゴングリルは、BEVらしいエネルギー効率の良さを表現したものだという。そのグリルから始まる水平軸が通ったボディ、そして内側から張り出したダイナミックなフェンダーによって、SUVらしい力強さを主張した。インテリアは、高さを抑えたインパネ造形と、ステアリングホイールの上から見るインパネ上部に配置したトップマウントメーター(スバル初採用)で、開放的な空間をめざした。

車体の基本設計は、BEV専用プラットフォームの「e-SUBARU Global Platform」を開発した。従来のSubaru Global Platformで培った知見を活かし、トヨタ自動車と共同した。スバルによると、e-Subaru Global Platformは、操縦安定性が高く、ドライバーのステアリング操作に対してリニアに反応する、スバルらしい動的質感の高い走りを実現したという。

また、BEVならではの構造として、車体下部に大容量バッテリーを搭載し、そのバッテリーを骨格の一部としても活用する。これにより低い重心高と、高いボディ強度・剛性を実現した。

同様にBEVならではのAWDシステムとして、前輪と後輪をそれぞれ別のモーターで駆動する新システムを採用した。スバルが蓄積してきた4つのタイヤを制御する技術と、電気モーターだから可能になった応答性や前後駆動力配分を活かし、4輪のグリップ力を最大限に使い、安心感の高い走りを実現したという。

ソルテラも従来のスバルSUVと同様に、悪路での安心感を高めるX-MODEを採用した。ソルテラでは、悪路でも車両を安定させながら一定速度での走行を可能にするGrip Controlを追加し、走破性を強化した。

安全性については、ボディ各部位の骨格形状の工夫や材料強度の最適化により、軽量化と、衝突安全性能との両立を実現したとする。衝突の際は、複数のボディ骨格に荷重をスムーズに伝達する構造で、効率的に衝突エネルギーを吸収することを意図した設計だ。乗員を守ることはもちろん、BEV特有の高電圧機器も保護する。

スバル・ソルテラは、2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国等に導入を開始する予定だ。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース