スズキが二輪の新型車、『ハヤブサ』の可能性も 2月5日発表

スズキ(Suzuki)の英国部門は2月2日、新型車のデジタルワールドプレミアを2月5日に行うと発表した。

この新型車は、スズキにとって2021年の最初のニューモデルになる。これ以外の情報は発表されておらず、ティザーイメージが1点公開されているだけだ。

なお、このニューモデルは、『ハヤブサ(隼)』の新型の可能性がある。ハヤブサは「究極のスポーツバイク」を構想に開発された高い空力特性を持つ独特のデザインと、優れた走行性能が特長の大型ロードスポーツバイクだ。1999年から欧州や北米などで販売を開始し、日本市場にも現行モデルが2014年2月に導入された。

日本仕様は国内の認証基準に適合しながら、欧州仕様と同じ排気量1339ccの水冷4サイクル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載している。スペックも欧州仕様と共通で、最大出力197ps、最大トルク15.8kgmを発生する。

スズキは、フラッグシップメガスポーツ『Hayabusa(ハヤブサ)』を全面改良し、2021年2月末頃より欧州をはじめ、北米、日本など全世界で……

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【スズキ ハヤブサ 新型】13年ぶりのフルモデルチェンジ---エッジの効いたスタイリングに刷新 画像 【スズキ ハヤブサ 新型】13年ぶりのフルモデルチェンジ---エッジの効いたスタイリングに刷新
  • 43年の歴史にいよいよ幕、ヤマハ『SR』が辿った“存続の危機”と“執念”の軌跡とは 画像 43年の歴史にいよいよ幕、ヤマハ『SR』が辿った“存続の危機”と“執念”の軌跡とは
  • カワサキ Ninja 650、2021年モデル発売へ カラー&グラフィック変更 画像 カワサキ Ninja 650、2021年モデル発売へ カラー&グラフィック変更
  • 若者向け“脱ハーレー”クルーザーに、ホンダ レブル1100 はスティードの再来ではない 画像 若者向け“脱ハーレー”クルーザーに、ホンダ レブル1100 はスティードの再来ではない

特集

おすすめのニュース