【トヨタ ヤリスクロス】vs ヤリス・ハッチバック…やや上級か?[比較画像]

上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)
  • 上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)
  • 上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)
  • 上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)
  • 上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)
  • 上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)
  • 上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)
  • 上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)
  • 上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック(いずれも欧州仕様)

トヨタから発売が予告され、概要が発表された小型SUVの『ヤリスクロス』。ハッチバックの『ヤリス』の兄弟車で、トヨタの「GA-B」プラットフォームを共有する。トヨタでは優れたボディ剛性とバランスのとれたシャシーを自負し、反応のよい俊敏な車になったという。

ヤリスクロスでトヨタは、本格的なSUVをスケールダウンすることに成功したという。高いドライビングポジョンと実用的で広い室内空間を、都市でも使いやすいコンパクトな寸法で実現した。

ヤリスクロスとヤリスを比較すると、ホイールベースは2560mmで同じだが、全長はヤリスクロスのほうが240mm長い。このことは、同じBセグメントでも、ヤリスクロスのほうが上級であることを示唆する。ヤリスクロスの全長はヤリスに対して、フロントオーバーハングで60mm、リアオーバーハングで180mm延長されており、室内空間(とくにラゲッジ)が拡大されている。グラウンドクリアランスはSUVらしくヤリスクロスが30mmプラス、全高もヤリスクロスが90mmプラス。全幅の差はそれらと比べると小さく、ヤリスクロスが20mm広い。

ヤリスクロスの外寸(ヤリス・ハッチバックの外寸)
全長:4180mm(3940mm)
全幅:1765mm(1745mm)
全高:1560mm(1470mm)
ホイールベース:2560mm(2560mm)

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ ヤリスクロス】vs C-HR…25年の経験を注ぎ込んだ?[比較画像] 画像 【トヨタ ヤリスクロス】vs C-HR…25年の経験を注ぎ込んだ?[比較画像]
  • 【トヨタ ヤリスクロス】日本は2020年秋、欧州は2021年半ばに発売へ[動画] 画像 【トヨタ ヤリスクロス】日本は2020年秋、欧州は2021年半ばに発売へ[動画]
  • 日産 キックスe-POWER、6月発売へ…2023年度までに新型EV2車種とe-POWER4車種も 画像 日産 キックスe-POWER、6月発売へ…2023年度までに新型EV2車種とe-POWER4車種も
  • 【トヨタ ハリアー 新型】ボディサイズ、デザイン、スペックを新旧モデル比較 画像 【トヨタ ハリアー 新型】ボディサイズ、デザイン、スペックを新旧モデル比較

特集

おすすめのニュース