【ダイハツ タフト 新型】軽SUVクロスオーバー、競合はスズキ ハスラー か[比較画像]

上段:タフト、下段:ハスラー
  • 上段:タフト、下段:ハスラー
  • 上段:タフト、下段:ハスラー
  • 上段:タフト、下段:ハスラー
  • 上段:タフト、下段:ハスラー
  • 上段:タフト、下段:ハスラー
  • ダイハツ・タフトは「スカイフィールトップ」を全グレード標準装備
  • 上段:タフト、下段:ハスラー
  • 上段:タフト、下段:ハスラー

ダイハツ工業は軽ワゴンとSUVのクロスオーバータイプの新型車、『タフト』を6月に発売予定だ。登場時点で競合が予想されるのは、2019年末に発表されたスズキの『ハスラー』だろうか。

ダイハツ「タフト」は、TAFT=“Tough & Almighty Fun Tool”をコンセプトに、「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる相棒」を目指して開発中だ。

軽ワゴンとSUVのクロスオーバーでは、ダイハツはかつて『キャスト・アクティバ』をラインナップしていた。アクティバが女性向けだったのに対し、タフトは男性ユーザーをターゲットにする。また登録車からのダウンサイズ需要を取り込む意図もある。ちなみに「タフト」の車名も、かつてはクロスカントリータイプの登録車だった。

タフトの仕様詳細・価格はまだ発表されていないが、発表されているいくつかの数字をハスラーと比べると、全長と全幅は同じで、タフトのほうが全高がやや低く、最低地上高はやや高い。タイヤサイズを見ても、タフトのほうが若干タフだ。エクステリアデザインもハスラーの方がソフトな印象。

●ダイハツ・タフト新型主要諸元
エンジン:NA/ターボ
駆動レイアウト:2WD/4WD
トランスミッション:CVT
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1630mm
最低地上高:190mm
タイヤサイズ:165/65R15 81S

●スズキ・ハスラー主要諸元
エンジン:NA+マイルドハイブリッド/ターボ+マイルドハイブリッド
駆動レイアウト:2WD/4WD
トランスミッション:CVT
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1680mm
最低地上高:180mm
タイヤサイズ:165/60R15 77H
メーカー希望小売価格(消費税10%込み):136万5100~174万6800円

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース