【ホンダ フィット 新型】発売1か月で3万1000台超を受注、ヤリスには及ばず

ホンダ・フィットe:HEVホーム(プラチナホワイト・パール)
  • ホンダ・フィットe:HEVホーム(プラチナホワイト・パール)
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター

ホンダは、2月14日に発売した『フィット』新型の累計受注台数について、約1か月後となる3月16日時点で3万1000台を超えたと発表。月間販売計画の3倍以上となる好調な立ち上がりとなったが、トヨタ『ヤリス』の約3万7000台には及ばなかった。

フィット新型の主な好評点としては、極細のフロントピラーや水平基調のインパネなどによる心地よい視界、初採用のボディースタビライジングシートによる快適な座り心地、低燃費で滑らかな走りを実現する「e:HEV」、全車標準装備となった安全運転支援システム「ホンダ センシング」などが挙げられた。

タイプ別構成比は、シンプルな「ベーシック」が19%、生活になじむデザインの「ホーム」が47%、アクティブ派向けの「ネス」が6%、エンジョイライフに応える「クロスター」とスタイリッシュな「リュクス」が各14%。パワートレイン別構成比は「e:HEV」が72%、「ガソリンモデル」が28%となった。

また人気カラーのトップ3は、e:HEVが「プラチナホワイト・パール」(24%)、「プレミアムサンライトホワイト・パール」(19%)、「ルナシルバー・メタリック」(11%)。ガソリンモデルが「プレミアムサンライトホワイト・パール」(24%)、「ルナシルバー・メタリック」(17%)、「プラチナホワイト・パール」(13%)だった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース