トヨタ ミライ、次期型は2020年内に米国発売へ…ロサンゼルスモーターショー 2019

トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ MIRAI コンセプト
  • トヨタ MIRAI コンセプト

トヨタ自動車の米国部門は、ロサンゼルスモーターショー2019に、トヨタ『MIRAI コンセプト』(Toyota MIRAI Concept)を出展した。

同車は、次期『MIRAI』を示唆したコンセプトカーだ。開発最終段階のモデルとなり、ほぼこの状態で市販される見通し。次期MIRAIは2020年内に米国市場での発売を予定しており、MIRAI コンセプトがロサンゼルスモーターショー2019で米国デビューを飾った。

ボディサイズは、全長4975mm、全幅1885mm、全高1470mm、ホイールベース2920mmだ。現行モデル(全長4890mm、全幅1815mm、全高1535mm、ホイールベース2780mm )に対して、85mm長く、70mmワイド、65mm背が低い。ホイールベースは140mm延ばされた。現行モデルよりもひと回り大きいが、ロー&ワイドのスポーティなフォルムが際立つ。

また、駆動方式は、現行型の前輪駆動から、次期型では後輪駆動に変更される。次期型では、FCスタックをはじめ、FCシステムを全て一新する予定だ。燃料電池自動車としての性能を大幅に向上させるとともに、水素搭載量を増やすなどして、航続を現行型比でおよそ30%延長することを目標に開発を進めている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツ、燃料電池車『GLC F-CELL』日本導入…東京モーターショー2019[詳細画像] 画像 メルセデスベンツ、燃料電池車『GLC F-CELL』日本導入…東京モーターショー2019[詳細画像]
  • BMWの最新燃料電池車は X5 ベース、2022年に少量生産へ…フランクフルトモーターショー2019 画像 BMWの最新燃料電池車は X5 ベース、2022年に少量生産へ…フランクフルトモーターショー2019
  • ルノー カングー 、燃料電池車を発表…航続370km、EV仕様の1.6倍 画像 ルノー カングー 、燃料電池車を発表…航続370km、EV仕様の1.6倍
  • ミシュラン子会社が燃料電池を20万個生産へ、日本などでの需要を想定…フランクフルトモーターショー2019 画像 ミシュラン子会社が燃料電池を20万個生産へ、日本などでの需要を想定…フランクフルトモーターショー2019

特集

おすすめのニュース