スバル レヴォーグプロトタイプ、人生をより良くできるクルマは「きっとある」…東京モーターショー2019

スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル レヴォーグ プロトタイプ(東京モーターショー2019)

「昨今ではCASE、MAASと言われるように、電動化、自動運転、コネクト、シェアリング、移動サービスなどといった、これまでのクルマ作りにはなかった、新たな領域への対応が求められています。こうしたなかにあってもスバルは安心と楽しさを普遍的な価値とした、個性的で魅力ある商品を通じて、お客様の人生のパートナーであり続けたい、お客様の笑顔を作るブランドでありたいと考えています」

東京モーターショー2019のスバルのプレスカンファレンスで中村知美社長はブランドの思いをこう語った(23日)。

「いつも人のことを考え、本質を追求したクルマづくりを目指してきました。これからその信念を貫いていきます。その思いを“believe. 人生をより良くできるクルマは、きっと、ある”という、新たなコンセプトに表現しました」

スバルブースの主役は2020年後半のリリースを目指して開発中の新型『レヴォーグ』プロトタイプ。

「新開発1.8リッター水平対向直噴ターボ、(先進安全システム)新世代アイサイトなど、スバルらしい最新技術を惜しみなく投入いたします。乗る人の人生をもっと豊かにするパートナーとして、スバルが継承してきたツーリング思想を大幅に進化させて発売する予定です。ぜひご期待下さい」

ブース内には1989年の初代『レガシィ』以来、30年にわたってスバルの主力エンジンであり続けた「EJ20」水平対向4気筒2リットルターボのフィナーレを飾る限定車『WRX STI EJ20 Final Edition』や10月10日に発売された『インプレッサ』『XV』の大幅改良モデル、コンセプトカー「VIZIV」などが並ぶ。とりわけスバルファンは必見であろう。

《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

  • 「BOLDER」スバル レヴォーグ 新型のプロトタイプを展示…東京モーターショー2019 画像 「BOLDER」スバル レヴォーグ 新型のプロトタイプを展示…東京モーターショー2019
  • スバル クロストレック に2020年型、PHVも設定…年内に米国発売へ 画像 スバル クロストレック に2020年型、PHVも設定…年内に米国発売へ
  • スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ 画像 スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ
  • スバル STI S209、歴代最強の341馬力…年内米国発売へ 画像 スバル STI S209、歴代最強の341馬力…年内米国発売へ
  • ホンダ フィット 新型 世界初公開、「心地よさ」を追求…東京モーターショー2019 画像 ホンダ フィット 新型 世界初公開、「心地よさ」を追求…東京モーターショー2019

特集

おすすめのニュース