1160馬力のハイブリッド、アストンマーティン ヴァルキリー…スペック確定

アストンマーティン・ヴァルキリー
  • アストンマーティン・ヴァルキリー
  • アストンマーティン・ヴァルキリー
  • アストンマーティン・ヴァルキリー
  • アストンマーティン・ヴァルキリー

アストンマーティンは3月1日、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)のハイブリッドパワートレインのスペックを発表した。

ヴァルキリーは軽量構造のミッドシップ2シーターのボディに、新開発の6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載する。アストンマーティンとレッドブルレーシングのテクニカルパートナーシップによる成果として共同開発され、アストンマーティン特有のスポーツカーデザインと、レッドブルレーシングが持つ最先端のF1技術を融合させた究極の1台となる。

ヴァルキリーのエンジンは、コスワースが開発を手がけた。モータースポーツ向けエンジンで豊富なノウハウを持つコスワースの最新技術が、ヴァルキリーのエンジン開発に注がれている。

アストンマーティンは今回、ヴァルキリーのハイブリッドパワートレインのスペックを発表した。6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力1000hp/10500rpm、最大トルク75.5kgm/7000rpmを引き出す。

このエンジンに、モーターの最大出力160hp、最大トルク28.6kgmが加わる。モーターは、インタグラルパワートレイン社、軽量ハイブリッドバッテリーシステムはリマックが開発。F1マシンのような「KERS」スタイルのブーストシステムとなる。エンジンとモーターを合わせたハイブリッドパワートレイン全体では、1160hpのパワーと91.8kgmのトルクを獲得する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • マクラーレン『スピードテール』発表…1050馬力ハイブリッド、最高速403km/h 画像 マクラーレン『スピードテール』発表…1050馬力ハイブリッド、最高速403km/h
  • メルセデスベンツ初のハイパーカー、市販モデルの車名が決定 メルセデスAMG『ワン』 画像 メルセデスベンツ初のハイパーカー、市販モデルの車名が決定 メルセデスAMG『ワン』
  • EVハイパーカー、ピニンファリーナ『バッティスタ』…ジュネーブモーターショー2019で発表へ 画像 EVハイパーカー、ピニンファリーナ『バッティスタ』…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

特集