ジュリア と ステルヴィオ に「アルファロメオレーシング」、F1参戦記念車…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

アルファロメオ・ジュリアとステルヴィオ の「アルファロメオレーシング」
  • アルファロメオ・ジュリアとステルヴィオ の「アルファロメオレーシング」
  • アルファロメオ・ステルヴィオとジュリア の「アルファロメオレーシング」
  • アルファロメオ・ステルヴィオとジュリア の「アルファロメオレーシング」
  • アルファロメオレーシングC38
  • アルファロメオレーシングC38

アルファロメオ(Alfa Romeo)は、3月5日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2019において、『ジュリア・クアドリフォリオ』と『ステルヴィオ・クアドリフォリオ』の「アルファロメオ・レーシング」を初公開すると発表した。

両車は、アルファロメオが2019年シーズンのF1に、アルファロメオレーシングの名前で参戦することを記念した限定モデルだ。今年から、「アルファロメオ・ザウバーF1チーム」は、アルファロメオレーシングにチーム名を変更した。両限定車には、このアルファロメオレーシングの名前が冠される。

2019年シーズンのF1マシン、「アルファロメオレーシングC38」へのオマージュとして、両限定車にはF1マシン同様、ホワイトを基調にレッドをあしらった専用ボディカラーを採用する。さらに、カーボン構造のスパルコ製レーシングシート、カーボンインサートの付いた「Mopar」のATシフトノブ、レザー&アルカンターラのステアリングホイール、アルファロメオレーシングのロゴ入りエンブレムが装着された。

ジュリア クアドリフォリオでは、カーボンファイバー製ルーフを採用。ポリッシュ仕上げのアルミホイールは、『ジュリア』が19インチ、『ステルヴィオ』が20インチとなる。赤いブレーキキャリパーとセラミックディスクも装備された。

2.9リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンには、Akrapovicのチタン製エグゾーストを採用。ドアミラーカバー、サイドスカートインサート、ジュリアのキックプレートなどには、カーボンファイバーが使用されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集