ヤマハのプレイバイク「トリッカー」が復活…何が変わった?[詳細画像]

モーターサイクル 新型車
ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
  • ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
  • ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
  • ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
  • ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
  • ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
  • ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
  • ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
  • ヤマハ トリッカー XG250(マットブラック2)
2017年に生産を終了していたヤマハの“フリーライドプレイバイク”『トリッカー(tricker)XG250』が、1年ぶりに復活。個性的なスタイル、扱いやすさはそのままに「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合した…といっても外観上の変更点はほぼないが、改めて新型トリッカーの姿を28枚の写真とともに紹介しよう。

トリッカーの特徴は、バッタのような個性的なスタイル、コンパクトな車体サイズ、軽快な走りと扱いやすさにある。280mmの最低地上高による走破性の高さを確保しつつ、810mmのシート高による足つき性に優れたパッケージング、48度のハンドル切れ角による扱いやすさが魅力だ。

改良点としては「優れた環境性能と燃費性を実現するO2フィードバック制御のFI(フューエル・インジェクション)」「蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスター」の2点。燃費は、60km/h定地燃費値で45.2km/リットル(2名乗車時)、WLTCモードで38.7km/リットル。外観上の変更点は、エンジン前方に備わるキャニスター程度となる。

カラーはオレンジのタンクにホワイトのタンクカバーを組み合わせた「ディープオレンジメタリック7(オレンジ)」と、マットブラックのタンクとフレームにマットチタンのタンクカバーを組み合わせた「マットブラック2(マットブラック)」を従来モデル同様に設定。9月20日発売で、価格はいずれも46万7640円(税込)。写真ではマットブラックの車両を紹介する。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

  • あえて“変わらない”…復活のヤマハ セロー 新型、空冷エンジン正常進化への挑戦 画像 あえて“変わらない”…復活のヤマハ セロー 新型、空冷エンジン正常進化への挑戦
  • ヤマハ発動機、実はプールも作っていた…FRPプールでシェア9割、高まる需要その理由 画像 ヤマハ発動機、実はプールも作っていた…FRPプールでシェア9割、高まる需要その理由
  • タミヤ、ヤマハ YZF-R1M 1/12スケールモデル発売へ 記念イベントも9月22日に開催 画像 タミヤ、ヤマハ YZF-R1M 1/12スケールモデル発売へ 記念イベントも9月22日に開催
  • ヤマハ NMAX、インドネシアのグッド・デザイン賞を受賞 画像 ヤマハ NMAX、インドネシアのグッド・デザイン賞を受賞

特集