ヤマハ モーターサイクルニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

ヤマハ モーターサイクルに関するニュースまとめ一覧

【ヤマハ イービーノ 試乗】パワーモード&ブースト機能で加速はまずまず。だけど…青木タカオ 画像
モーターサイクル

【ヤマハ イービーノ 試乗】パワーモード&ブースト機能で加速はまずまず。だけど…青木タカオ

全体に丸みを帯びた可愛らしいレトロデザイン。お笑い芸人の出川哲朗さんが、行き当たりばったり出会う人たちに充電させてもらいながら旅するテレビ番組に出ていた電動スクーターだ。ヤマハ『E-Vino(イービーノ)』、原付1種の登録なのでクルマの免許で乗れる。

ヤマハ ギア、エンストのおそれ…改善対策で燃料タンクなど交換へ 画像
モーターサイクル

ヤマハ ギア、エンストのおそれ…改善対策で燃料タンクなど交換へ

ヤマハ発動機は1月16日、ビジネススクーター『ギア BX50』などの燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

カワサキ Z1000 がリセール価格トップ…バイク王がランキング 画像
モーターサイクル

カワサキ Z1000 がリセール価格トップ…バイク王がランキング

バイク王 バイクライフ研究所(東京都港区)は、2017年9~11月の期間を対象に、「再び売却した際、高値の付くバイク」=「リセールプライスの高いバイク」上位10車種を発表した。23回目となる今回は、カワサキ『Z1000』が首位を獲得した。

ヤマハ MT-03/MT-25 2018年モデルを発表…ハイエンドモデル風の新色採用 画像
モーターサイクル

ヤマハ MT-03/MT-25 2018年モデルを発表…ハイエンドモデル風の新色採用

ヤマハ発動機は、MTシリーズのエントリーモデル『MT-03』および『MT-25』のカラーリングとグラフィックを変更し、2018年モデルとして2018年3月5日より発売する。

立ちゴケしないバイク「ホンダよりも先に」…ヤマハ日高新社長インタビュー 画像
自動車 ビジネス

立ちゴケしないバイク「ホンダよりも先に」…ヤマハ日高新社長インタビュー

ヤマハ発動機の社長に2018年1月1日付けで就任する日高祥博(※高は“はしごだか”)取締役上席執行役員はこのほど報道各社とのグループインタビューに応じ、自律的に前進する技術の活用で、いわゆる「立ちゴケ」しない2輪車の早期実用化に意欲を示した。

「地上でもっとも楽しい乗り物」ヤマハ YZ450F開発者が語る、オフロードバイクの魅力とは 画像
モーターサイクル

「地上でもっとも楽しい乗り物」ヤマハ YZ450F開発者が語る、オフロードバイクの魅力とは

ヤマハはモトクロス競技向けのトップエンドモデル『YZ450F』の2018年モデルを2017年6月に発表、8月30日に発売した。

ヤマハ FZ25、インドデザイン賞に初応募で初受賞 画像
モーターサイクル

ヤマハ FZ25、インドデザイン賞に初応募で初受賞

ヤマハ発動機のインド子会社、インディアヤマハモーターが生産・販売するスポーツバイク『FZ25』が、インドの産業界団体が主催するデザイン賞「CII デザイン エクセレンス アワード」に初応募で初受賞した。

オートカラーアウォード2017、ヤマハ MT-10 / MT-09 / MT-07がグランプリに選ばれた理由 画像
モーターサイクル

オートカラーアウォード2017、ヤマハ MT-10 / MT-09 / MT-07がグランプリに選ばれた理由

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。20回目となる今回は12月16日、横浜美術館(神奈川県横浜市)で最終審査がおこなわれ、ヤマハ『MT-10 / MT-09 / MT-07』のカラーリングがグランプリに選出された。

オートカラーアウォード2017、グランプリはヤマハ MT-10 / MT-09 / MT-07が獲得 画像
自動車 ビジネス

オートカラーアウォード2017、グランプリはヤマハ MT-10 / MT-09 / MT-07が獲得

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。20回目となる今年は12月16日、横浜美術館(神奈川県横浜市)で最終審査がおこなわれ、ヤマハ『MT-10 / MT-09 / MT-07』のカラーリングがグランプリに選出された。

バイクのエンジンをスマホでチューニングする…ヤマハの「パワーチューナー」開発秘話 画像
モーターサイクル

バイクのエンジンをスマホでチューニングする…ヤマハの「パワーチューナー」開発秘話

新しいYZ450Fは、セルフスターターやヤマハ初となるリチウムイオンバッテリーの搭載など見どころ盛りだくさんのモデルだが、中でも注目したいのがスマートフォンでエンジンのセッティングを行うためのアプリ「パワーチューナー」の登場だ。

ヤマハ トリシティ125、2018年モデル発売へ…新エンジン搭載 画像
モーターサイクル

ヤマハ トリシティ125、2018年モデル発売へ…新エンジン搭載

ヤマハ発動機は、フロント二輪のオートマチックコミューター『トリシティ125』『トリシティ125 ABS』の2018年モデルを1月20日から発売する。

風圧でミラーがくるっ? ヤマハ XSR700 をリコール 画像
モーターサイクル

風圧でミラーがくるっ? ヤマハ XSR700 をリコール

ヤマハ発動機は11月30日、大型ロードスポーツ『XSR700』のミラーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年10月13日~10月30日に製造された236台。

3輪スポーツバイク ナイケン、BATTLAX アドベンチャー A41 を新車装着 画像
モーターサイクル

3輪スポーツバイク ナイケン、BATTLAX アドベンチャー A41 を新車装着

ブリヂストンは11月30日、ヤマハ発動機が発表した、国内メーカー初の3輪スポーツバイク『NIKEN(ナイケン)』の新車装着用タイヤとして、「BATTLAX アドベンチャー A41」を納入すると発表した。

ヤマハ発動機が CES に初出展、AI二輪車モトロイドなどを展示予定 画像
モーターサイクル

ヤマハ発動機が CES に初出展、AI二輪車モトロイドなどを展示予定

ヤマハ発動機は、2018年1月9日~12日の4日間、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018」に初出展する。

ヤマハ発動機、YZF-R1/R6 サーキット専用モデルの予約受注を開始 画像
モーターサイクル

ヤマハ発動機、YZF-R1/R6 サーキット専用モデルの予約受注を開始

ヤマハ発動機は、「YZF-R1」および「YZF-R6」のサーキット走行専用モデルベース車を2018年シーズンに向けて設定、11月27日から12月22日までの期間限定で予約を受け付け、YZF-R1は2018年4月27日より、YZF-R6は3月30日より発売する。

【東京モーターショー2017】LMW機構の立ち乗りモビリティ…ヤマハ トリタウン[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】LMW機構の立ち乗りモビリティ…ヤマハ トリタウン[詳細画像]

ヤマハ『トリタウン』は、LMW機構を備えたフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ。

脱! 断念バイカー…復帰のANZENあらぽんと踏み出せないemma 画像
モーターサイクル

脱! 断念バイカー…復帰のANZENあらぽんと踏み出せないemma

ヤマハ発動機株式会社は、11月8日にベルサール秋葉原にて、今年実施した調査で存在が明らかになった「二輪免許の有無に関わらず、様々な理由からバイクに乗ることをあきらめている“断念バイカー“」を救済するイベントを開催。

YZF-R3 など、ヤマハ3車種の2018年型を発表…R1 イメージのグラフィックス 画像
モーターサイクル

YZF-R3 など、ヤマハ3車種の2018年型を発表…R1 イメージのグラフィックス

ヤマハ発動機は、ロードスポーツモデル『YZF-R3 ABS』および、『YZF-R25 ABS』『YZF-R25』のカラーリングとグラフィックを変更し、2018年モデルとして2018年1月20日より発売する。

【改善対策】ヤマハ トリシティ125、再始動できなくなるおそれ 画像
モーターサイクル

【改善対策】ヤマハ トリシティ125、再始動できなくなるおそれ

ヤマハ発動機は11月7日、三輪ホイールスクーター『トリシティ125』の動力伝達装置に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2014年6月23日~2016年8月3日に製作された1万0581台。

【EICMA 2017】ヤマハ、フロント2輪の大型3輪バイク「ナイケン」を出展予定…2018年市場投入 画像
モーターサイクル

【EICMA 2017】ヤマハ、フロント2輪の大型3輪バイク「ナイケン」を出展予定…2018年市場投入

ヤマハ発動機は、フロント2輪の大型3輪バイク『NIKEN(ナイケン)』を11月9日からイタリアで開催される「ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)」に出展、2018年に市場投入すると発表した。

【東京モーターショー2017】ヤマハ モトボット …自律ライディングロボット・バージョン2[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】ヤマハ モトボット …自律ライディングロボット・バージョン2[詳細画像]

ヤマハ『モトボット・バージョン2』は、モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合する、世界初公開の自律ライディングロボット。ヒト側から見た車両操作にフォーカスし、200km/h以上でのサーキット走行を可能にした。

【ヤマハ YZF-R25 試乗】「カッコ良くて速い」をストレートに表現した…佐川健太郎 画像
モーターサイクル

【ヤマハ YZF-R25 試乗】「カッコ良くて速い」をストレートに表現した…佐川健太郎

YZF-R25はYZFシリーズの最高峰であるR1で培われた走りのポテンシャルと軽二輪クラスの扱いやすさを高次元で調和させた250ccロードスポーツモデルだ。

【東京モーターショー2017】ヤマハ MWC-4 は新感覚の走行フィーリング…四輪LMW[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】ヤマハ MWC-4 は新感覚の走行フィーリング…四輪LMW[詳細画像]

『MWC-4』は、「ハーフサイズモビリティ」をコンセプトに開発した、前後ニ輪の四輪LMW。

【ヤマハ MT-10 試乗】海外ストリートファイター勢に食い込める完成度…佐川健太郎 画像
モーターサイクル

【ヤマハ MT-10 試乗】海外ストリートファイター勢に食い込める完成度…佐川健太郎

『MT-10』はヤマハが誇るスーパースポーツ、『YZF-R1』がベースのスポーツネイキッドモデルである。R1ベースの水冷直4エンジンはストリート寄りのトルク特性となり最高出力も160psへと最適化。

【東京モーターショー2017】ペットのようにバイクが自分のもとへ…人工知能搭載ヤマハ モトロイド 画像
自動車 ニューモデル

【東京モーターショー2017】ペットのようにバイクが自分のもとへ…人工知能搭載ヤマハ モトロイド

ヤマハブースにあるのは、自律するモーターサイクル『MOTOROiD(モトロイド)』。人工知能AIによる顔認識機能によってオーナーを検知すると、自ら2輪で自立しスタンバイの状態で待ち、手招きなどのジェスチャーを認識するとオーナーのすぐ近くまでやってくる。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 40