【東京モーターショー2017】スズキ、SV650のカスタマイズモデルなど3機種をワールドプレミア

自動車 ニューモデル モーターショー

スズキ SV650X(東京モーターショー2017)
  • スズキ SV650X(東京モーターショー2017)
  • スズキ SV650X(東京モーターショー2017)
  • スズキ SV650X(東京モーターショー2017)
  • スズキ SV650X(東京モーターショー2017)
  • スズキ スウィッシュ(東京モーターショー2017)
  • スズキ スウィッシュ(東京モーターショー2017)
  • スズキ スウィッシュ(東京モーターショー2017)
  • スズキ スウィッシュ(東京モーターショー2017)
スズキは10月25日、東京モーターショー2017の会場において、3台の二輪車をワールドプレミア。カスタマイズモデルの『SV650X』、原付二種スポーツの『GSX-R125』、スクータの『Swiwh』(スウィッシュ)の3機種が公開された。

SV650Xは、市販ミドルクラスモデル『SV650』をカフェレーサーに仕立て上げたメーカーカスタマイズモデル。GSX-R125は、125ccながらもDOHC水冷単気筒エンジンと6速MTを組み合わせ、遊び心を刺激。そしてスウィッシュは、広いシート下スペースを確保するなど日常の使い勝手を向上しながら、LEDヘッドライトをはじめとしたスタイリッシュな装備やデザインが魅力の原付二種スクーターとなっている。

そのほか、『ハヤブサ』や『GSX-R1000』といった最新の市販スポーツモデルも展示。ブースに訪れた際は、四輪だけではなく、スズキの楽しい二輪の世界も覗いてみてはいかがだろうか。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集