トヨタ カローラ に ゴルフGTI 対抗ホットハッチ登場!? デザインを予想

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ カローラベースのホットハッチ 予想CG
  • トヨタ カローラベースのホットハッチ 予想CG
  • トヨタ カローラ 次期型 スクープ写真
  • トヨタ カローラ 次期型 スクープ写真
  • トヨタ カローラ 次期型 スクープ写真
  • トヨタ カローラ 次期型 スクープ写真
  • トヨタ カローラ 次期型 スクープ写真
  • トヨタ カローラ 次期型 スクープ写真
  • トヨタ カローラ 次期型 スクープ写真
トヨタが世界に誇るベストセラーセダン『カローラ』。そのグローバルモデル(日本仕様のカローラとは異なる)は、2018年にも次期型が登場すると見られているが、早くもその次期型をベースとしたハイパフォーマンス5ドアハッチバックの登場が噂されている。

カローラ次期型には、「TNGA C」プラットフォームが採用され、ボディサイズはさらに拡大。4ドアセダンは、現行「カローラアルティス」のスタイリッシュフォルムを継承し、ワイド&ローなスタイルとクーペ風のルーフが特徴となりそうだ。さらに派生モデルとして「5ドアワゴン」や「5ドアハッチバック」がラインナップされる。今回入手した情報によると、この5ドアハッチバックに高性能モデルが投入される可能性があるという。カローラのハッチバックといえば『オーリス』があり、かつては高性能モデルとして『ブレイド』が存在したが、関連性は不明だ。

欧州エージェントから飛び込んできた情報を元に、Spyder7では予想CGを制作した。トヨタ最新世代のキーンルックに、大胆なフロント開口部、フェンダーにはスリットを入れワイド感を強調。また、ミラー、ホイール、ウインドウCピラー、ルーフ、フロント・サイドスカートをブラックにすることでスポーツカーらしい精悍さをアピールした。

パワートレインは、2リットル直列4気筒DOHCターボ「8AR-FTS」をブラッシュアップ。最高出力はライバルとなるフォルクスワーゲン『ゴルフGTI』の230psを大きく上回る、260psと予想。

価格は、ゴルフGTIを下回る350万円~370万円程度(日本円換算)に設定され、コストパフォーマンスを武器とする。また車名に「カローラ」の名称が使われるかは不明だ。

ワールドプレミアは、カローラ次期型が2018年秋、ホットハッチは2019年春が有力だという。
◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集