【JNCAP2016】スバル、アイサイト搭載4車種が予防安全性能で最高ランク獲得

自動車 テクノロジー 安全

スバル インプレッサ スポーツ 1.6i-L EyeSight
  • スバル インプレッサ スポーツ 1.6i-L EyeSight
  • 予防安全性能評価 ASV++
富士重工(スバル)は12月1日、運転支援システム「アイサイト」を搭載する『インプレッサ』『レガシィ』『フォレスター』『レヴォーグ/WRX S4』が、2016年度予防安全性能アセスメントで最高ランクを獲得したと発表した。

2016年度予防安全性能アセスメントでは、衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)、車線逸脱警報装置(LDWS)、後方視界情報提供装置に加え、道路横断中の歩行者を模擬したターゲットに10~60km/hで車両を接近させ、警報および被害軽減ブレーキの作動状況を評価するAEBSの試験を実施。新型インプレッサは68.9点、レガシィは68.0点、フォレスターは69.5点、レヴォーグ/WRX S4は68.5点の評価となり、試験車種すべてで最高ランクの「予防安全性能評価 ASV++」を獲得した。

スバル車は、これまでに実施された予防安全性能アセスメントで、アイサイト搭載車種すべてが最高ランクを獲得しており、アイサイトを核とした予防安全性能の高さを実証している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集