【上海モーターショー15】ポルシェ 911 に「スタイルエディション」…装備充実

自動車 ニューモデル モーターショー
ポルシェ 911スタイルエディション(上海モーターショー15)
  • ポルシェ 911スタイルエディション(上海モーターショー15)
  • ポルシェ 911スタイルエディション(上海モーターショー15)
  • ポルシェ 911スタイルエディション(上海モーターショー15)
  • ポルシェ 911スタイルエディション(上海モーターショー15)
  • ポルシェ 911スタイルエディション(上海モーターショー15)
ドイツの高級スポーツカー、ポルシェは4月20日、中国で開幕した上海モーターショー15において、『911カレラ・スタイルエディション』を初公開した。

同車は、『911カレラ』をベースにした特別モデル。駆動方式はRRと4WD、ボディタイプはクーペとカブリオレが用意される。

装備を充実させているのが、911カレラ・スタイルエディションの特徴。電動スポーツシート、前後の駐車アシスト、リアビューカメラ、スポーツクロノパッケージ、PDLSプラス付きのLEDヘッドライトなどを標準装備した。

また、20インチのアルミホイールは、『911ターボ』のデザイン。スポーツテールパイプや、PCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント)も装備される。

さらに、BOSE製のサラウンドサウンド、スポーツステアリングホイールも採用。ドアシルプレートには「スタイルエディション」プレート、ヘッドレストにはポルシェクレストが添えられている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集