アルピーヌ の ビジョン・グランツーリスモ…伝統を受け継ぐGT6レーサー[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ
  • アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ
フランスの自動車大手、ルノー傘下のスポーツカーブランド、アルピーヌが1月末に発表した『アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ』。同車の公式映像が配信された。

同車は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが2013年末に発売した「PlayStation3」用ゲームソフト、『グランツーリスモ6』のコラボ企画、「ビジョン・グランツーリスモ」から生まれた1台。

アルピーヌ ビジョン グランツーリスモは、ルマン24時間にも参戦したアルピーヌの耐久レーサー、『A450』のコンセプトを発展。軽量で俊敏なバルケッタタイプのデザインを提示した。

ミッドシップには、4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力450hp/6500rpm、最大トルク59.1kgm/2000rpmを引き出す。トランスミッションは7速シーケンシャル。カーボンモノコック構造により、重量は900kgに抑えられ、最高速320km/hの性能を想定している。

ルノーは1月末、アルピーヌ ビジョン グランツーリスモの映像を、公式サイトを通じて配信。開発の狙いや、名車『A110』から続くアルピーヌの伝統の継承、そして走行シーンなどを紹介している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集