【SEMAショー14】日産が復帰、NISMO を前面にアピール

自動車 ニューモデル 新型車

日産GT-R NISMO
  • 日産GT-R NISMO
  • 日産 フェアレディZ NISMO 改良新型
日産自動車の米国法人、北米日産は10月27日、米国ラスベガスで11月に開催されるSEMAショー14に出品すると発表した。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれる。

日産がメーカーとして、SEMAショーにブースを設けるのは、久しぶりの出来事。日産ブースには、「NISMOラウンジ」を設置し、最新NISMO車をアピールする予定。

SEMAショーに出品を計画しているのは、2015年モデルとして米国市場に投入されたばかりの『GT-R NISMO』。同車は、最大出力を600psまで引き上げたスーパーカー。

この他、米国のモータースポーツ、「コンチネンタルタイヤ・スポーツカー・チャレンジ」に起用された『370Z NISMO』(日本名:『フェアレディZ NISMO』)の公式セーフティカーなども、展示するとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集