【MotoGP 第17戦】ホンダ マルケス、今季12勝目…ドゥーハンの年間最多勝利に並ぶ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マルク・マルケス(ホンダ)
  • マルク・マルケス(ホンダ)
  • マルク・マルケス(ホンダ)
MotoGP第17戦・マレーシアGP決勝レースが10月26日、セパンサーキットで開催され、マルク・マルケス(ホンダ)が史上最多優勝記録に並ぶ今季12勝目を飾った。

すでにライダーズタイトルを獲得しているマルケスは、前戦オーストラリアGPで、ミック・ドゥーハンとケーシー・ストーナーが持つシーズン最多PP記録の「12」に並んだ。今大会では13度目のPPを獲得し、新記録を樹立した。

決勝では、スタート直後の1コーナーでホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)との接触を避けるためにオーバーラン。オープニングラップは6番手と、ポジションを落としたが、2周目に3番手に浮上すると、ロレンソとバレンティーノ・ロッシのヤマハ勢を追った。

マルケスは、レースの折り返しとなる10周目にロレンソをかわして2番手に、11周目にロッシを抜いてトップに浮上すると、終盤は2位以下を引き離し、20周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。今大会で挙げたシーズン12勝目で、1997年にドゥーハンが樹立した、最多記録に並び、最終戦バレンシアGPでは、記録更新に挑む。

またホンダは今大会、マルケスが優勝したことで、MotoGPクラスのコンストラクターズタイトルを獲得。4年連続21度目、全クラス通算63度目のタイトル獲得となった。

■MotoGP 第17戦
1位:マルク・マルケス(ホンダ)
2位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
3位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
4位:ステファン・ブラドル(ホンダ)
5位:ブラッドリー・スミス(ヤマハ)
6位:ポル・エスパルガロ(ヤマハ)

■ポイントスタンディング
1位:マルク・マルケス(ホンダ)337P
2位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)275P
3位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)263P
4位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)230P
5位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)174P
6位:ポル・エスパルガロ(ヤマハ)126P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集