米魅力度調査SUV、日産が最多の2部門を制す…JDパワー

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型 日産 ローグ
  • 新型 日産 ローグ
  • 日産 クエスト
  • ポルシェ・カイエン
  • MINI クロスオーバー
  • アウディQ5
  • 新型キア ソウル
  • 新型トヨタ ハイランダー
  • ホンダリッジラインの2014年型
米国の民間調査会社、JDパワー社は7月23日、「2014年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査」の結果を発表した。SUVカテゴリーのランキングでは、日産自動車が全12部門中、最多の2部門で1位に輝いた。

今年で19回目の調査は、新車購入から90日が経過した時点で、顧客に愛車の魅力について質問。質問項目は、性能、デザイン、装備など10カテゴリーの77項目に及ぶ。調査は2014年モデルの新車を購入した顧客が対象で、2014年2‐5月にアンケート方式で行い、8万6000人以上から回答を得た。

日産自動車とフォードモーターが全12部門中、各2部門を制覇。このうち日産は、コンパクトSUV部門の『ローグ』、ミニバン部門の『クエスト』が第1位に選ばれた。新型ローグは、新型エクストレイルの兄弟車。クエストは、『エルグランド』の大型版。

一方、ブランド別のランキングで首位のポルシェは、ミッドサイズプレミアムSUV部門で『カイエン』が、引き続き第1位を獲得している。

SUV(ピックアップトラックやミニバンを含む)カテゴリーの各部門ベスト3は、以下の通り。

スモールSUV
1:MINIクロスオーバー
2:ビュイック・アンコール
3:フォルクスワーゲン・ティグアン

コンパクトSUV
1:日産ローグ
2:フォード・エスケープ
3:ジープ・チェロキー

コンパクトプレミアムSUV
1:アウディQ5
2:BMW X3
3:メルセデスベンツGLK

コンパクトMPV
1:キア・ソウル

ミッドサイズSUV
1:トヨタ・ハイランダー
2:ジープ・グランドチェロキー
3:ダッジ・デュランゴ

ミッドサイズプレミアムSUV
1:ポルシェ・カイエン
2:BMW X5
3:ランドローバー・レンジローバー・スポーツ

ミッドサイズピックアップ
1:ホンダ・リッジライン
2:日産フロンティア

ミニバン
1:日産クエスト
2:ホンダ・オデッセイ
3:トヨタ・シエナ

ラージSUV
1:GMCユーコン
2:日産アルマーダ
3:フォード・エクスペディション

ラージプレミアムSUV
1:ランドローバー・レンジローバー
2:インフィニティQX80
3:メルセデスベンツGLクラス

ラージ・ライトデューティー・ピックアップ
1:フォードF-150
2:GMCシエラ
3:シボレー・シルバラード

ラージ・ヘビーデューティー・ピックアップ
1:フォードF-250/350
2:シボレー・シルバラード
2:ラム2500/3500(同率)
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集