【プジョー 2008 試乗】扱いやすいジャストサイズが女性に嬉しい…岩貞るみこ

試乗記 輸入車

『208』はコンパクトでかわいいけれど、何か少し物足りない。そんな心の隙間を埋めてくれるのが、SUVテイストを取り入れた『2008』である。

『308』からの『3008』はミニバン風だが、208から2008への変身は、都会的エッセンスもふんだんなクロスオーバー。一人で乗ってもサマになるタイプは、女性ユーザーにも気になるところだろう。

横幅の1740mmは扱いやすいサイズ。運転席への乗り降りもしやすいし、テールゲートを開くと、間口がフロアとフラットに仕立てられて大きな荷物の出し入れもしやすい。使いやすさへのこだわりが垣間見え、ラテンなフランス人も気にするところは気にするのかと、妙に感心してみたりする。

サイズ、デザイン、雰囲気と三拍子そろえば文句なく「買い」なのだが、待ったをかけるのが、パワーユニットの「ピュアテック」である。いや、正しくいえばそのなかの「ETG5」なるトランスミッションなのだが。ピュアテックを構成する1.2リットルのエンジンは、その排気量とは思えないほどアクセルへの反応も加速もいいし、燃費を考えたエンジンストップが採用されたのもありがたい。ただ、残念なのがシングルクラッチのトランスミッション、つまり「息継ぎ式」。確かにATに比べれば軽量だし、燃費にも貢献するしだが、1速~2速~3速~とシフトチェンジごとに「ふぅ~」と息をつぐように失速するのが面倒くさい。

これまでも、多くの輸入車がこの機構をつけて日本市場に参戦し、スムーズなATやCVTに慣れきった日本ユーザーに「使いにくい」とダメ出しされ玉砕してきたのだが、その路線を突き進むのかと不安がよぎる。いや、マニュアルモードだと軽快に走れますよ、とか、ATモードでも、シフトチェンジにあわせてアクセル操作をすれば楽しめますよと、頭ではわかっていても体は受け入れにくい。

ちなみにこの「ピュアテック」、208のモデルチェンジや、シトロエン『C3』、『DS3』でも新たに採用されている。マニュアルから乗り換える欧州ユーザーは評価しても、日本ではどうなのか。デザインやコンセプトは大好きなクルマたちだけに、行く末が心配である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

岩貞 るみこ │ モータージャーナリスト/ノンフィクション作家
女性誌や一般誌、ラジオなどで活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーと、救急医療を通じて衝突安全を中心に取材をするほか、近年はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集