【東京モーターショー13】日産、 市販するEV「ブレードグライダー」発表

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 ブレイドグライダー
  • 日産 ブレイドグライダー
  • 日産 ブレイドグライダー
  • 日産 ブレイドグライダー
  • 日産 先行商品企画部 成田剛史氏
日産自動車は11月8日、東京モーターショー2013の出展概要を発表した。最も注目を集めそうなのが世界初公開となるEV(電気自動車)のコンセプトカー『ブレードグライダー』だ。

グライダーと3角翼という航空力学に着目した斬新なスポーティーEVであり、開発を担当する先行商品企画部の成田剛史氏は「時期は申し上げられないが、市販を計画している」と明言した。車体は3角翼そのもので、中央に配置された運転席と後席2座席の計3シーターのレイアウト。

全長は4.2mとコンパクトであり、前輪部分の全幅は1m。だが後輪部分の全幅は3ナンバーサイズの1.89mと広く、安定感が伝わるってくる。後輪にモーターを組み込むインホイール式の後輪駆動を採用している。モーター出力等の動力性能についてはまだ公表していない。

成田氏は「路面に吸着するようなダウンフォースや極限まで低減した空気抵抗などにより、異次元の運動性能と省電費(=エネルギー効率)が両立できる。日産ブランドと、ゼロエミッションのリーダーシップをより強固なものにするモデルとしたい」とアピールしている。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集