【ロサンゼルスモーターショー13】グリーンカーオブザイヤー、日本車は アコード/アクセラ/カローラ がノミネート

自動車 ニューモデル モーターショー
新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
  • 新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
  • マツダ 新型アクセラ 北米仕様車
  • 北米向け新型トヨタ カローラ
11月19日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー13。10月17日、同ショー恒例の「2014グリーンカーオブザイヤー」の最終選考5台が公表された。

同賞は、米国の『グリーンカージャーナル』誌が主催するもので、今年が9回目。米国の中でも、最も環境意識が高いとされるカリフォルニア州のロサンゼルスモーターショーで、毎年発表されている。米国在住のジャーナリストが、2012年秋から2013年秋までの1年間に米国で発表された新型車の中から、最もエコな1台を選出する。

最終選考に残った5台は、以下の通り。

●アウディA6 TDI
●BMW 3シリーズの328d
●ホンダ・アコード
●マツダ3 (日本名:アクセラ)
●トヨタ・カローラ(日本仕様とは異なる)

この5台のうち、日本車は新型ホンダ『アコード』、新型マツダ『アクセラ』 、新型トヨタ『カローラ』の3台。前回のマツダ『CX-5』とトヨタ『プリウスc』(日本名:『アクア』)の2台に対して、1台ノミネートが増えた。

アコードはプラグインハイブリッド車(PHV)やハイブリッド車、アクセラはSKYACTIVテクノロジー、カローラは高速燃費に優れた「エコ」グレードが評価されてのノミネート。一方、アウディ『A6TDI』と、BMW『328d』のドイツの2車は、最新のクリーンディーゼル搭載車となる。

ちなみに過去3年では、2010年がGMのプラグインハイブリッド、シボレー『ボルト』、2011年が新型ホンダ『シビック』の天然ガス仕様、「シビック・ナチュラルガス」、2012年はフォード『フュージョン』が栄冠を手にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集