日産 GT-R 次期型、F1ウィリアムズと共同開発のハイブリッド採用か

モータースポーツ/エンタメ 出版物
現行日産GT-R
  • 現行日産GT-R
  • 次期日産GT-Rの中身に言及した豪『carsales.com.au』
日産自動車を代表する高性能スポーツカー、『GT-R』。2015年末にも登場すると見られる同車の次期モデルに関して、興味深い情報がもたらされた。

これは9月27日、オーストラリアの自動車メディア、『carsales.com.au』が報じたもの。ハイブリッド化が噂されている次期GT-Rだが、同メディアがそのハイブリッドの中身に言及している。

同メディアによると、次期GT-Rには、F1のウィリアムズと共同開発したハイブリッドシステムが採用される可能性があるという。

2013年6月、日産自動車の高性能車やモータースポーツ活動を手がけるNISMO(ニスモ)は、F1のウィリアムズの子会社、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング社と、高性能市販車の開発で協力すると発表。ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング社は英国に本拠を置き、モータースポーツから得た技術を市販車に生かすエンジニアリング活動を行っている。そのウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング社は、NISMOが2014年から順次発売予定の新型車の開発に参画することになった。

同メディアによれば、両社の協力関係から得られたノウハウが、次期GT-Rのハイブリッドパワートレインに反映されるとのこと。ウィリアムズは2010年、英国のジャガーカーズと協力し、ハイブリッドスーパーカーコンセプト、『C-X75』を発表しているだけに、実現の可能性は充分ありそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集