【スバル XVハイブリッド 技術発表】アイサイトとの協調制御で実用燃費10%向上

自動車 ニューモデル 新型車

スバル XVハイブリッド
  • スバル XVハイブリッド
  • スバル XVハイブリッド
  • スバル XVハイブリッド
  • 富士重工業 竹内明英プロジェクトゼネラルマネージャー
  • スバル XVハイブリッド
  • スバル XVハイブリッド
富士重工業は4月18日、今夏に発売する『XVハイブリッド』の技術仕様を公開。運転支援システムのアイサイトとハイブリッドシステムとの協調制御により実用燃費を最大10%向上させる機能を備えることを明らかにした。

XVハイブリッドの開発責任者を務める竹内明英プロジェクトゼネラルマネージャーは同日都内で開いた技術説明会で「XVハイブリッドにもアイサイト装着モデルを計画している。アイサイトとハイブリッドシステムの協調制御を織り込んだ。要するに燃費に効くアイサイト、題してエコクルーズコントロール。実用的な状況で10%くらいの燃費効果を期待して開発してきた」と述べた。

その上で「まさにこのシステムは他にはない、スバルのハイブリッドにしかない新しい機能であり、特徴である」と強調した。

具体的には「ステアリングに設けたスイッチの操作でモーター走行の粘りと、適度な加速感に切り替わる」ほか、渋滞時などに追従クルーズコントロールの加減速制御やモーター走行の頻度をアップすることなどにより実用燃費を高めるとしている。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集