JR東日本など11社、来年3月23日から交通系ICカードの全国相互利用サービスを開始

鉄道 企業動向

交通系ICカードの全国相互利用サービス・シンボルマーク
  • 交通系ICカードの全国相互利用サービス・シンボルマーク
  • 交通系ICカードの全国相互利用サービス・エリアイメージ
JR東日本など11社が展開する、10の交通系ICカードによる全国相互利用サービスが、2013年3月23日から始まる。

全国相互利用サービスを実施する交通系ICカードは「Kitaca」(JR北海道)、「PASMO」(パスモ)、「Suica」(JR東日本)、「manaca」(名古屋交通開発機構/エムアイシー)、「TOICA」(JR東海)、「PiTaPa」(スルッとKANSAI)、「ICOCA」(JR西日本)、「はやかけん」(福岡市交通局)、「nimoca」(ニモカ)、「SUGOCA」(JR九州)。

対象の交通系ICカード、いずれか1枚で、すべてのエリアで、同サービスに対応した鉄道およびバスを利用できるほか、各交通系ICカード加盟店で、電子マネーによるショッピングが利用できる。(PiTaPaを除く)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集