JR九州ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

JR九州に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
【鉄道】注目の記事 JR貨物 JR四国 JR東海 JR西日本 JR東日本 JR北海道 国土交通省(国交省)
日豊線12月18日に全線再開へ…JR九州、復旧作業進む 画像
鉄道

日豊線12月18日に全線再開へ…JR九州、復旧作業進む

JR九州は11月14日、日豊本線臼杵(大分県臼杵市)~佐伯(佐伯市)間28.6kmの運転を12月18日の初発より再開すると発表した。

図書館特急?---JRと書店がタイアップ 『ゆふいんの森』に2018年2月まで 画像
鉄道

図書館特急?---JRと書店がタイアップ 『ゆふいんの森』に2018年2月まで

JR九州は、現在、博多駅(福岡市博多区)と由布院駅(大分県由布市)を小倉駅(北九州市小倉北区)経由で結んでいる特急『ゆふいんの森』に、11月10日から車内図書コーナー「ゆふ森としょかん」を設置している。

日豊線は12月下旬に全線再開へ…JR九州、久大線は2018年夏再開か 画像
鉄道

日豊線は12月下旬に全線再開へ…JR九州、久大線は2018年夏再開か

JR九州はこのほど、九州北部豪雨と台風18号の影響で一部の区間が運休している路線のうち、12月下旬にも日豊本線を全線再開する方針を示した。久大本線も2018年夏頃の全線再開を目指す。

ビル内に「水と緑の立体庭園」…JR九州の熊本駅ビル、2021年オープンへ 画像
鉄道

ビル内に「水と緑の立体庭園」…JR九州の熊本駅ビル、2021年オープンへ

JR九州は11月8日、熊本駅に整備する駅ビルの概要を発表した。2019年春から工事に着手し、2021年春のオープンを目指す。

北海道の設定本数は200本割れ…JR冬の臨時列車 画像
鉄道

北海道の設定本数は200本割れ…JR冬の臨時列車

JR旅客6社は10月20日、12月1日から2018年2月28日までの90日間に運転する冬季臨時列車の概要を発表した。各社の概要は以下の通り。

国鉄分割民営化30周年で日本縦断「乗継ぎ」鉄道ツアー…JR7社が共同企画 画像
鉄道

国鉄分割民営化30周年で日本縦断「乗継ぎ」鉄道ツアー…JR7社が共同企画

JR7社は10月17日、国鉄分割民営化~JR発足の30周年を記念した共同企画ツアーを実施すると発表した。観光列車や新幹線などを乗り継いで国内各地を巡る。

九大学研都市駅に軽量パイプドア…JR九州、11月21日から実証実験 画像
鉄道

九大学研都市駅に軽量パイプドア…JR九州、11月21日から実証実験

JR九州は11月21日、筑肥線の九大学研都市駅(福岡市西区)で「軽量型ホームドア」の実証実験を始める。

豊肥本線、三重町~中判田間も10月2日再開へ…日豊本線不通は長期化 画像
鉄道

豊肥本線、三重町~中判田間も10月2日再開へ…日豊本線不通は長期化

台風18号の影響で一部線区の運転を見合わせているJR九州は9月25日、豊肥本線三重町~中判田間の運転を10月2日に再開すると発表した。同線は2016年の熊本地震の影響で運転を見合わせている区間を除き、再開のめどが立った。

京都丹後鉄道が全線復旧…日豊本線も一部再開 画像
鉄道

京都丹後鉄道が全線復旧…日豊本線も一部再開

WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)は9月23日の初発から、宮津線(宮舞線)宮津~栗田間の運転を再開した。JR九州の日豊本線も佐伯~市棚間が9月25日の初発から再開した。台風18号の影響で運休中の区間は豊肥本線三重町~中判田間と日豊本線臼杵~佐伯間の2線2区間になった。

豊肥本線の運休区間が縮小…阿蘇~三重町間再開 画像
鉄道

豊肥本線の運休区間が縮小…阿蘇~三重町間再開

JR九州は9月22日、台風18号で運休中の区間のうち、豊肥本線阿蘇~三重町間62.0kmの運転を再開した。これにより同線の運休区間は三重町~中判田間24.4kmに縮小した。日豊本線は引き続き臼杵~市棚間69.3kmの運転を見合わせている。

予讃線9月21日再開へ、九州2線は「時間要する見込み」 画像
鉄道

予讃線9月21日再開へ、九州2線は「時間要する見込み」

国土交通省が9月20日6時30分時点の情報としてまとめたところによると、台風18号の影響で運休中の鉄道は3事業者4路線になった。JR北海道の各線は運転を再開した。

四国や九州で線路被害、台風18号で各線運休 画像
鉄道

四国や九州で線路被害、台風18号で各線運休

日本列島とサハリンを縦断して温帯低気圧に変わった台風18号の影響により、各地の鉄道路線が運休している。国土交通省が9月19日5時30分時点の情報としてまとめたところによると、5事業者で15路線が運休した。同日15時時点でまとめた運休区間は以下の通り。

JR「秋の乗り放題パス」北海道新幹線オプション券の発売期間を拡大 画像
鉄道

JR「秋の乗り放題パス」北海道新幹線オプション券の発売期間を拡大

JR旅客6社は8月31日、「秋の乗り放題パス」を発売すると発表した。10月14日「鉄道の日」にあわせて発売されているJR普通列車専用のフリー切符。「青春18きっぷ」の秋季版といえるもので、北海道新幹線などを利用できるオプション券は発売期間を拡大する。

JR九州の『A列車で行こう』が北薩摩へ…鹿児島中央~川内間で運行 9月27・28日 画像
鉄道

JR九州の『A列車で行こう』が北薩摩へ…鹿児島中央~川内間で運行 9月27・28日

JR九州は9月27・28日、特急『A列車で行こう』を、鹿児島本線鹿児島中央駅(鹿児島市)~川内(せんだい)駅(薩摩川内市)間で運行する。

JR九州、日田彦山線の代行バス拡大…不通全区間の輸送を確保 8月16日から 画像
鉄道

JR九州、日田彦山線の代行バス拡大…不通全区間の輸送を確保 8月16日から

JR九州は8月8日、日田彦山線の代行バス運転区間を拡大すると発表した。九州北部豪雨の影響で運転を見合わせている全ての線区で、代行輸送が確保される。

鉄道の運休区間、九州北部豪雨で約30km増 7月末 画像
鉄道

鉄道の運休区間、九州北部豪雨で約30km増 7月末

事故・災害による鉄道路線の長期運休区間は、7月末時点で488.2kmだった。九州北部豪雨の影響で日田彦山線と久大本線の一部が不通に。運休距離は31.6km増えた。

ワースト1位は肥薩線人吉~吉松間の108人…JR九州、区間別の輸送密度を初公表 画像
鉄道

ワースト1位は肥薩線人吉~吉松間の108人…JR九州、区間別の輸送密度を初公表

JR九州はこのほど、鉄道22線を複数の区間に区切った場合の利用状況を公表した。同社が区間別の利用状況を公表したのは初めて。利用者が発足時の3倍以上に増えている区間がある一方、山間部などでは利用者が大幅に減少している姿が浮き彫りになった。

JR九州『ななつ星』久大線不通でルート変更 8月22日から 画像
鉄道

JR九州『ななつ星』久大線不通でルート変更 8月22日から

JR九州は7月31日、クルーズトレイン『ななつ星in九州』の運行ルートを8月22日出発分から変更すると発表した。九州北部豪雨の影響で久大本線の光岡~日田間(大分県日田市)が不通となっていることから、同線を運行ルートから外す。

JR九州、久大本線の全線復旧は1年後めど…日田彦山線63カ所で被害 画像
鉄道

JR九州、久大本線の全線復旧は1年後めど…日田彦山線63カ所で被害

JR九州は7月31日、九州北部豪雨の影響で一部区間が不通になっている久大本線について、2018年夏をめどに復旧に取り組むと発表した。同様に一部が不通となっている日田彦山線は被害の発生した場所が多く、復旧時期のめどは立っていない。

日田彦山線の不通区間、一部で代行バス運行 7月31日から 画像
鉄道

日田彦山線の不通区間、一部で代行バス運行 7月31日から

JR九州は7月27日、九州北部豪雨の影響で一部の区間が不通となっている日田彦山線で、バスによる代行輸送を実施すると発表した。7月31日から大行司以南で上下各4本を運行する。

久大本線の特急『ゆふ』も日田以東のみ再開 7月24日から 画像
鉄道

久大本線の特急『ゆふ』も日田以東のみ再開 7月24日から

九州北部を襲った豪雨の影響で運休中の特急『ゆふ』が、7月24日から臨時列車として日田~大分・別符間のみ運転を再開することが決まった。博多~日田間は引き続き運休する。

豪雨被害の久大本線が一部再開…日田彦山線の代行輸送「計画してない」 画像
鉄道

豪雨被害の久大本線が一部再開…日田彦山線の代行輸送「計画してない」

JR九州は7月18日、豪雨災害で運転を見合わせていた久大本線うきは(福岡県うきは市)~日田(大分県日田市)間17.6kmのうち、うきは~光岡(日田市)間15.2kmの運転を再開した。残る不通区間は橋りょうが流失しており、再開には相当な時間がかかる見込みだ。

鉄道の運休区間、2線再開で約60km減少 6月末 画像
鉄道

鉄道の運休区間、2線再開で約60km減少 6月末

事故・災害による鉄道路線の長期運休区間は、6月末時点で456.6kmだった。わたらせ渓谷線(群馬県)とJR飯山線(長野県)が運転を再開。運休距離は59.0km減少した。

日田彦山線は約30kmに渡り被害…JR九州「復旧かなりの時間」 画像
鉄道

日田彦山線は約30kmに渡り被害…JR九州「復旧かなりの時間」

JR九州は7月11日、大雨の影響で一部区間の運転を見合わせている日田彦山線と久大本線の被害状況を発表した。久大本線の光岡~日田間(大分県日田市)で橋りょうが流失したほか、日田彦山線でも大きな被害が発生している。

特急『ゆふいんの森』迂回ルートで運転…JR九州、久大線不通に対応 画像
鉄道

特急『ゆふいんの森』迂回ルートで運転…JR九州、久大線不通に対応

JR九州は7月11日、久大本線の一部不通の影響で運休している特急『ゆふ』『ゆふいんの森』のうち、『ゆふいんの森』を迂回(うかい)ルートで7月15日から運行すると発表した。切符は7月13日から発売する。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 15