マツダ、フィアットと協業プログラムを発表…ロードスターベースのアルファロメオ誕生へ

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ・MX-5(日本名:ロードスター)スペシャルエディション・スプリング2012
  • マツダ・MX-5(日本名:ロードスター)スペシャルエディション・スプリング2012
  • マツダ・山内孝社長
  • 沿道に手を振るアルファロメオ6C2300スパイダーコルサ
  • スパイダー
  • スタンプを受けるアルファロメオ2600スパイダーは、ラリードライバーの篠塚建次郎氏が運転
  • ヒルクライム挑戦中のアルファロメオ・ジュリア・スパイダー
  • アルファロメオ1600スパイダーデュエット(1968年)
  • マツダ、フィアットと協業プログラムを発表…ロードスターベースのアルファロメオ誕生へ
マツダは23日、イタリアの大手自動車メーカーフィアットと次期『ロードスター』(海外名:マツダ『MX-5』)ベースのオープン2シータースポーツカーの開発・生産に向けた協議を開始すると発表した。

マツダとフィアットは今後、マツダブランドとアルファロメオブランドで明確に差別化されたFRライトウェイトオープン2シータースポーツカーの開発を進めていく。両社の車種にはそれぞれのブランドごとに独自のエンジンを搭載する予定という。

また、両社の車種はマツダの本社工場で生産することが想定されており、アルファロメオ向けの車両については2015年に生産を開始することで検討を進めるとしている。

マツダの山内孝社長は「技術・商品開発領域におけるアライアンス構築は経営戦略に基づく活動の一つであり、今回のフィアットとの発表はその重要な一歩と捉えています。次期『ロードスター』をベースにオープン2シータースポーツカーの先駆者とも言うべきアルファロメオと協業の機会を持てることに大きな期待を寄せています」とコメントしている。

また、フィアットのセルジオ・マルキオンネCEOは、「この合意は我々のアルファロメオブランドに対する コミットメントであり、またアルファロメオを真のグローバルブランドに育てていく決意を表すものです。彼らと協力し、 アルファロメオの伝統であるエキサイティングかつスタイリッシュなオープン2シータースポーツカーを つくっていきます」と述べた。

正式事業契約の締結は、2012年後半が予定されている。また、両社は本件以外に、今後欧州での協業の可能性についても話し合いを持つことで合意した。
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集