フィアット(Fiat)に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
フィアット デュカト(Ducato) フィアット トッポリーノ(Topolino) フィアット ドブロ(Doblo) フィアット バルケッタ フィアット パンダ フィアット プント フィアット ムルティプラ フィアット 124スパイダー フィアット 500 フィアット 500X ステランティス アバルト(Abarth) アルファロメオ(Alfa Romeo) ランチア FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
フィアット『500』とジープ『コンパス』、ハイブリッドをイタリアで生産へ…ステランティスが発表 画像
プレミアム

フィアット『500』とジープ『コンパス』、ハイブリッドをイタリアで生産へ…ステランティスが発表

ステランティスは5月27日、イタリアのトリノで労働組合との第二回会議を開催し、2030年までのイタリア工場での生産計画を発表した。この会議では、ステランティスのCEOが労働組合に対し、電動化の不確実性に対応するための製造柔軟性の原則を共有した。

フィアット『デュカト』に新開発8速AT、CO2排出量10%削減…欧州仕様 画像
自動車 ニューモデル

フィアット『デュカト』に新開発8速AT、CO2排出量10%削減…欧州仕様

フィアットは5月24日、大型商用バンの『デュカト』に、欧州で新開発の8速オートマチックトランスミッション(AT8)を搭載すると発表した。デュカトは日本市場にも導入されている。

フィアット500/500C、新グレード「ドルチェヴィータ」追加、ブルーカラーの限定車も発売 画像
自動車 ニューモデル

フィアット500/500C、新グレード「ドルチェヴィータ」追加、ブルーカラーの限定車も発売

ステランティスジャパンは、フィアット『500(チンクエチェント)』シリーズに、新グレード「1.2 Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を追加し、4月25日より販売を開始した。価格はハッチバックが309万円、カブリオレが326万円。

フィアット 500X、 電動ソフトトップ特別装備の限定車発売 画像
自動車 ニューモデル

フィアット 500X、 電動ソフトトップ特別装備の限定車発売

・フィアット限定車「500X Brezza」発売
・電動ソフトトップ特別装備、2色展開
・成約キャンペーンとフェアを実施

フィアット・ヌォーヴァ500モチーフのティッシュケース登場 画像
自動車 ビジネス

フィアット・ヌォーヴァ500モチーフのティッシュケース登場

・Fiat Nuova 500型ティッシュケース登場
・2WAY使用可能、タイヤも回転
・CAMSHOP.JPで予約受付中

フィアット 500 1.2カルト、仕様向上しながらプライスダウン---3万円 画像
自動車 ニューモデル

フィアット 500 1.2カルト、仕様向上しながらプライスダウン---3万円

・装備向上しつつ価格は3万円ダウン
・15インチアルミホイールなど装備改善
・人気の3色をボディカラーに設定

【フィアット 500X スポーツ 新型試乗】走りは闊達!その名の通りオンロードスポーツの趣…島崎七生人 画像
試乗記

【フィアット 500X スポーツ 新型試乗】走りは闊達!その名の通りオンロードスポーツの趣…島崎七生人

犬の散歩で我が家の前を通りがかったボストンテリアの飼い主さんに「随分大きく“500”って書いてあるけど、島崎さんのクルマ(=500のツインエア)とは違うの?」と訊かれ、「同じ(フィット)ですが(車種は)違います」と答えた。500のロゴは、相当目立つらしい。

フィアット『パンダ』は大きくなって電動SUVに? 現行型好調でデビュー後ろ倒しか 画像
自動車 ニューモデル

フィアット『パンダ』は大きくなって電動SUVに? 現行型好調でデビュー後ろ倒しか

フィアットは2023年末、ツインエアエンジンの生産終了に伴って伝統あるコンパクトカー『パンダ』現行モデルも終了となることを発表。その後、延命が決定されたものの次期型へのモデルチェンジも予告されている。

フィアットが20年前のコンセプトカー市販?!…『500』の限定車「トレピウーノ」発表 画像
自動車 ニューモデル

フィアットが20年前のコンセプトカー市販?!…『500』の限定車「トレピウーノ」発表

フィアットは3月4日、『500トリビュート・トレピウーノ』(Fiat 500 Tributo Trepiuno)を欧州で発表した。限定台数がメーカーから直販される予定だ。

フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ 画像
自動車 ニューモデル

フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ

フィアットのオリビエ・フランソワCEOは2月25日、製品ラインナップの次のステップを明らかにした。常に変化する世界のモビリティ市場にフィアットは、『パンダ』にインスパイアされた製品コンセプトの新型車ファミリーを導入する。

フィアット『パンディーナ』…パンダの内装や安全性能をアップデート、欧州で設定 画像
自動車 ニューモデル

フィアット『パンディーナ』…パンダの内装や安全性能をアップデート、欧州で設定

フィアットは2月29日、『パンダ』の特別モデル、「パンディーナ」を欧州で設定すると発表した。1980年2月29日、イタリアのサンドロ・ペルティーニ大統領に初代パンダが披露された歴史的な日に敬意を表している。

フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入 画像
自動車 ニューモデル

フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入

フィアットは2月25日、SUVコンセプトを欧州で発表した。フィアットのオリヴィエ・フランソワCEOは同日、フィアットの製品ラインアップの次のステップを発表し、その中の1車種だ。

フィアット『パンダ』次期型を示唆、コンセプトカー発表 画像
自動車 ニューモデル

フィアット『パンダ』次期型を示唆、コンセプトカー発表

フィアットは2月25日、コンセプトモデル『シティカー』を欧州で発表した。次期『パンダ』を示唆している。フィアットは同日、製品ラインアップの次のステップを発表した。シティカーは複数が発表されたコンセプトカーの一つ。

フィアット世界販売は12%増の135万台、欧州でEV好調 2023年 画像
プレミアム

フィアット世界販売は12%増の135万台、欧州でEV好調 2023年

フィアットは2月20日、2023年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は135万台、前年比は12%増だった。

「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか 画像
自動車 ニューモデル

「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか

「世界で最も醜い車」という不名誉な称号を持つフィアットのMPV『ムルティプラ』。このある意味伝説のモデルともいえるムルティプラが復活する可能性があるという情報を、スクープ班が入手した。果たしてその姿とは…?

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 118