【株価】続伸、のち売りが優勢

自動車 ビジネス 株価

全体相場は3日ぶりに反落。好業績銘柄を中心に続伸して始まったが、海外投資家が売り越しに転じたことで警戒感が台頭。米国景気と米金融政策を見極めたいとのムードが高まり、売りが優勢となった。

トヨタ自動車が前日比90円安の7950円、ホンダが60円安の 4750円と反落。日産自動車が29円安の1508円と続落した。

全面安の中、いすゞが33円高の604円と急伸し、スズキが10円高の3470円と小幅ながら続伸した。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集