【IRLテスト本格化】日本メーカー交え、3つ巴の戦い熾烈に!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【IRLテスト本格化】日本メーカー交え、3つ巴の戦い熾烈に!
  • 【IRLテスト本格化】日本メーカー交え、3つ巴の戦い熾烈に!
  • 【IRLテスト本格化】日本メーカー交え、3つ巴の戦い熾烈に!
IRLインディカーシリーズの合同テストが28日、フロリダ州ホームステッドで開催された。

シリーズ連覇を狙うトヨタ、悲願のもてぎ&インディ500優勝実現に向けて全開のホンダ、そして地元アメリカの名誉にかけて必死のGMシボレー。これら三つ巴の戦いがことしはさらに過激さを増している。

今回登場したのは、18台のインディカー。最強軍団のチームペンスキー、4台のも大量エントリーで一気に巻き返しを狙うアンドレッティ・グリーン・レーシングを筆頭に、各チームとも同地で2月29日に開幕する04シリーズに向けて本格的な走行を繰り広げている。また日本からは、高木虎之介と新人の松浦孝輔が出走している。

テスト初日、1周24.5432秒(平均時速217.820マイル/h=348.512km/h)でトップタイムをマークしたのは、ダラーラ・ホンダを繰るダン・ウエルドン。「うちのチーム(アンドレッディ・グリーン)の4台体制の成果が出たと思うよ」と自信満々の表情。

テストは明29日も継続。また2月10−12日、アリゾナ州フェニックスで、2回目の合同テストが予定されている。
《桃田健史》

編集部おすすめのニュース

特集